とても大切な睡眠について

 

 

 

TOP

どんな施術?

どんな効果?

ぎっくり腰の

正しい対処法

あなたの足は

X脚?O脚?

小顔になろう

医療の現場から

生まれた

高周波ダイエット!

安心の

マタニティコース 

フェロモン活性!

日本人の腸は

世界一△△△?

とても大切な

睡眠について

Q&A

室内の写真

料 金

アクセスマップ

メール

LINK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちが毎日当たり前のように繰り返している睡眠ですが、

実は寿命や病気にとてもはっきりと影響してきます。

 

睡眠時間が少ない、夜更かしが多いというのは体にとって

非常に恐ろしいことなのです。

自身の未来の体に対し大きなダメージを与えていると考えてください。

 

深い睡眠の取れない方、当院では眠質改善コースにて

対応させていただいております。

ご予約時または御来院時にお知らせください。

 

 

 眠質改善コース
現在、現代人の睡眠の質がどんどん低下していおり、

睡眠薬の消費が急激に増えているそうです。
眠質改善コースはいびきによる睡眠障害をはじめ、睡眠が浅い、

朝スッキリ起きられない、夜中に目が覚めてしますなど、

睡眠の質を改善するために特化したコースです。
特に無呼吸症候群は、肥満やアルコールが主な原因と言われていますが、ストレスや首肩の緊張、交感神経のアンバランスと

幾つもの要素が原因と考えられます。

質のいい睡眠はとっても大切な事です。

睡眠の質を改善する事で老化や病気の予防になります。

また究極のアンチエイジングと言えます。

毎日気持ちよくスッキリと起きらるようになって、

いい気分で一日が始まるのは素敵な事だとおもいませんか?

少しでも思いあたるな〜という方、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

不眠のタイプ

タイプA・・・交感神経優位

  夜中まで働くのが当たり前の人

  交感神経を緊張させる心の悩みが多い人

このタイプはベッドに倒れこむように寝たり、

昼間強い睡魔に襲われたり、週末に風邪をひいて寝込むなど

強制的に休息を入れざる得ないようなシグナルがでます。

このシグナルが出ても休まない場合は自律神経のバランスが

大きく崩れ、不眠の状態となります。

 

タイプB・・・副交感神経優位

  日中の活動量が少なすぎる人

  日中太陽に当たらない人

このタイプは夜眠くならず安易な夜更かしをしてしまい、

自律神経のリズムが崩れて健康状態が悪化します。

 

両タイプとも低体温になりやすいため朝起きても活動エンジンが

すぐにかかりません。

エンジンがかかるのが遅くなることにより興奮が夜まで続き

また眠れないという悪循環に陥ります。目に光を入れ刺激すると

交感神経を働かせるため夜になったら眠くなくても電気を消すなど

心がけましょう。

 

寝酒は睡眠を浅くする

飲み始めは副交感神経が優位になってボーッとなり

寝やすくなるかもしれませんが、寝ている間にアルコールを

分解しなくてはいけなくなるので体に負担がかかります。

また飲みすぎると交感神経を緊張させるので目がさえてしまいます。

 

夜は副交感神経が優位になり寝ている間に血流を回復させて

体の老廃物を流しリンパ球が異常になった細胞を修復します。

一日の疲れを取り去る大事な時間なので7〜8時間必要とします。

睡眠時間が不足すると交感神経の緊張が続き、脈は速く、血圧は高く、血糖値も高い状態が続き、高血圧症、糖尿病、高脂血症、

狭心症、不整脈、心筋梗塞、脳卒中、クモ膜下出血、ガンなど

重大な病気が待っているわけです。

 

理想の眠り

★就寝時間はその日のうちに!

 最低午前0時に床につかないと40代後半以降病気にかかるリスクは    大きく高まります。

★せんべい布団に低い枕で大の字で!

 肺やお腹が上になるので楽に深呼吸ができリラックスして眠ることができます。

 横向き・うつ伏せ寝でなりがちな口呼吸(呼吸が浅くなる)を

防げます。

 肩や内臓を圧迫することがありません。

 高枕は首が折れる形になり、脳や肩への血流が

悪くなってしまいます。

 柔らかい布団は腰が沈むので腰痛の原因にもなります。

 

 

もちろん子供さんにも睡眠不足はよくありません。

成長途中の子供が睡眠不足になってしまうと脳や骨、筋肉などの

発達が遅れ、イライラや学力低下の原因にもなります。

 

不眠が原因で起こりうる症状

眠気、いびき、頭痛、めまい、吐き気、倦怠感、震え、幻聴、幻覚、

ホルモンバランスの 悪化免疫力の低下、肥満など様々な症状が

おこります。

 

病気のリスクを下げるため、健康で楽しく暮らすため、大切な睡眠。

とても大切ですが毎日のことなので

うまくつきあっていくことが必要です。

・・・どうしても眠れない時もありますよね?眠ろうとする意気込みが

頭をさえさせ、寝つきを悪くします。そんな時は

あまり深く考え込まずに、自然と眠りに入ることが大切です。

 

また、意外かもしれませんが肝臓が精神活動と深い関係を持ち、肝臓の疲れが脳を疲労させ睡眠を妨げます。肝臓が疲れる原因は毒素を体内に多く取り込んでしまっている場合です。添加物や保存料が多い食事やアルコールが肝臓を疲労させる原因と考えられます。眠れない、眠っても疲れが取れない場合は食生活を見直すことも必要です。

 

 

 

 

美と健康の技術

Activation Balance Center   since 2001

A.B.C.カイロプラクティック

 

 

整体院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yahoo!ジオシティーズ