『流星のロックマン2』発売前最新情報



07:11月14日更新。


<発売日>
2007年11月22日(予定)

<ハード>
ニンテンドーDS

<名称>
流星のロックマン2 ベルセルク×ダイナソー
流星のロックマン2 ベルセルク×シノビ
(3バージョン・2パッケージ)

まず、どちらのトライブになるかを選択。

選ばれなかったトライブは
「オートブラザー(最初から存在するブラザー)」になる。

<価格>
税込5040円(4800円)

<ジャンル>
ブラザーアクションRPG

<主人公>
星河スバル(続投)
ウォーロック(続投)
(スバルのドット絵が変化している)
ルナ、キザマロ、ゴン太、ミソラ、ツカサも続投確認。
ジェミニ・スパーク、オックス・ファイアも続投。
ストーリーとの関連性は不明だが、レジェンドマスター・シンも登場。

<ライバル>
「孤高の証」により変身する。
変身前は「ソロ」。変身後は「ブライ」。
ブラザーを強硬に否定する。
消滅したムー大陸を復活させようとしており、
ムー人の生き残り。

【ブライの技】
『ブライナックル』→無数のパンチを一瞬で繰り出す。
『ブライバースト』→黒い闘気を発しながら衝撃波のように突き進む。
『ブライアーツ』→急接近後、ブライナックル→サマーソルトキック。

<敵>
謎の組織が存在。
TKシティの映画館で初顔合わせ。
「ファントムブラック」という者も存在。
(確認済みに関しては詳細を後述。)

<バトルシステム>
詳しくは不明。

「エリアスチール」に類似したものが存在する(?)

バトル画面の床が黄色くなり、ウェーブロード風になる。

前方へ進めるようになる(?)

<通信対戦>
WiFi通信対戦でシングルバトル可能。
ワイヤレス通信では「スカイハイコロシアム」が可能。

最大で7人まで多人数対戦が可能。


<スカイハイコロシアム>
ワイヤレス通信で可能。
○フォルダは全員共通。
○HPは対戦プレイヤー内の最高値になる。
○各プレイヤーが持つ星(最初は一個)を持ち、その数を競う。
○フィールドを自由に移動し、対戦相手を選ぶことができる。
○対戦は全て一ターン。与えたダメージの量で勝敗決定。
○KO勝利することで相手の星を奪うことが可能
(但し、相手が星を複数持っている場合は全て奪うことができる。
また、判定勝利の場合は半分になる)。
○最終的に多くの星を持っていた者が勝者。

<ゲーム概要>
前作から2ヶ月後の世界。
「コダマタウン」ではなく「TKシティ」から物語が始まる。
(コダマタウンは健在!)

下画面にスバルが映る(移動マップ)。
上画面は空(トランサー画面ではない)。

「スカイボード」という乗り物がある。
「マテリアライズ! スカイボード」と言うと出現する(?)
乗ることによって空中飛翔が可能。

「トリッパーズ」という乗り物も存在。
(スクーターがタイヤなしで浮いている感じ)

新型携帯端末「スターキャリアー

マテリアルウェーブ
データを物質化させる(電波世界を現実世界に)ことができる技術。
これによりスカイボードも物質化。

空中にディスプレイが表示される「エアディスプレイ」という物がある。

電波変換時にスバルの音声が入る。

バトル中に「デンパくん」が稀に出現。
破壊せずにウイルスを消去するとアイテムが手に入る。
いわゆる、エグゼ時代の戦闘中ミステリーデータ。

<新しいMAP>
【TKシティ】(最新技術の集結した街)
【ロポキンヒルズ】
【ヒルズスクエア】
【ナンスカの電波】
【TKタワー1】
【TKタワー2】

<クラスメート>
「主人公」に記載済み。
このページの著作権はシモテルにあります。 コピーページの通報はエグゼターミナルまで
<トライブとは>
かつて、強力な力を誇った種族のこと。
現在は絶滅し、遺跡などからしか手がかりを得ることは出来ない。

「オーパーツ・ベルセルク」
古代に、この世を支配した『稲妻の大剣』を持った種族の遺産。

「オーパーツ・シノビ」
古代に、この世を支配した『疾風の手裏剣』を持った種族の遺産。

「オーパーツ・ダイナソー」
古代に、この世を支配した『火の力』を持った種族の遺産。

<トライブオン>
いわゆる「電波変換」。
3バージョンで異なる。
サンダーベルセルク(オーパーツ・ベルセルク)
稲妻を帯びた大剣を持つロックマン。

グリーンシノビ(オーパーツ・シノビ)
風の力を持つ超スピードロックマン。

ファイアダイナソー(オーパーツ・ダイナソー)
火柱の中から現れたパワーロックマン。
このページの著作権はシモテルにあります。 コピーページの通報はエグゼターミナルまで

<ダブルトライブ>
変身状態からブラザーカードを選択し、「ダブルトライブ」を選択することで変身する。

「ベルセルクシノビ」
KFB:エレメンタルブレイド
「シノビダイナソー」
KFB:エンマレップウジン
「ダイナソーベルセルク」
KFB:バニシングブレイザー

<KFB>
「キズナフォースビッグバン」の略。
サンダーベルセルク
CS:サンダースラッシュ
KFB:サンダーボルトブレイド

グリーンシノビ
CS:シノビシュリケン
KFB:フウマシップウジン

ファイアダイナソー
CS:ダイナキャノン
KFB:ジェノサイドブレイザー

<トライブキング>
3つのトライブを合成することで使用可能。
CS:オーバースラッシャー
各属性の衝撃波で攻撃する。 KFB:カイザーデルタブレイカー

<ロックマンブライ>
ブラザーゼロの状態で、「孤高の証」を使用して変身する。
孤高の証は「ここうのカケラ」として分離されている。
ブライダイナソー、ブライベルセルク、ブライシノビ。
黒い容姿をしており、変身が解除されなくなる。
弱点属性がなく、ウォーロックアタックを無効化できる。

<KFBカウンター>
相手の暗転カード発動時に、ブラザーカードをタッチすることでKFBが発動。
ダブルトライブ(ロックマンブライ)時のみ発動可能で、発動後、変身解除。

『確認済みバトルカード』
プラズマガン1(30)。
このページの著作権はシモテルにあります。 コピーページの通報はエグゼターミナルまで
『確認済み電波ウイルス』
メットリオ・モエローダー(60)

『UMA(未確認生物)』
イエティ・ブリザード
伝説の雪男。
ブラキオ・ウェーブ
首長の恐竜。
ドクター・オリヒメ
地球征服のためにムー大陸を復活させようとしている。 「ゴート・カンフー
詳細不明。 「コンドル・ジオグラフ」
詳細不明。 「エンプティ」
詳細不明。

<ボクタイとのコラボ>
不明。

<エグゼとのコラボ>
Wスロットインでイベント発生。
詳細は不明。

『暗号メール』
不明。

<判明している暗号メール>
不明。

<ブラザーバンド>
レベルシステム廃止。6人まで登録可能(ゲーム内は4人)。
ゲーム進行度に比例して、「キズナリョク」が上昇。
「キズナリョク」上昇と共に、
「アビリティウェーブ」内にステータスが付加される。
(例:HP+30、スーパーアーマー、アンダーシャツ)

<キズナリョク>
新システム。ブラザーの数に比例してロックマンの能力が上昇。

<スターカード>
ウイルスGを倒すと入手可能。
名前に「★」が付記された通常よりも高性能なカード。

<先着特典>
「トライブアタックカード」
DSのタッチパネルに装着。
コマンド入力により、序盤から必殺技を使用可能。 『フウマシップウジン』→ベルセルク×シノビ版。 『ジェノサイドブレイザー』→ベルセルク×ダイナソー版。

<ホビー>
「スターキャリアー」
新型携帯端末をモデルとしたホビー商品。
トランサーの次世代版。
3780円。
バージョンは「ロックマン」「シノビ」「ダイナソー」。

ゲーム公式サイトは コチラ

<テレビアニメ>
「流星のロックマン トライブ」。
11月より放送開始予定。



エグゼ攻略TOPへ戻る

EXETERMINALへ



Copyright © GYAKUSAI TERMINAL. ALL RIGHTS RESERVED