流星のロックマン概要



06:12月27日更新。



<用語解説>

『ナビ』
擬似人格プログラム。ナビカードに組み込まれている。
必要に応じて適当な役割を持つナビをトランサーに読み込ませる。
一人につき何枚でも所有可能。
電波となり機器を操作する。

『サテライト』
ペガサス・ドラゴン・レオの三種類。
トランサーを管理している。
トランサー同士のネットワークを繋いでいる。
3年前の宇宙ステーション事故後は、
電波ウイルスを抑える働きも兼ねている。
国民は全ていずれかのサテライトに属している。
このページの著作権はシモテルにあります。 コピーページの通報はエグゼターミナルまで
『トランサー』
携帯端末。個人情報がつまっている。
みだりに他人に見せてはいけない。

『バトルカード』
電波ウィルスを駆除するための道具。
トランサーに通すと電波を発し、電子機器を操作する。

『クラスメート』
<白金ルナ>
クラス委員長の高飛車なお嬢様。不登校のスバルに厳しく接する。
ある事件でロックマンに助けられて以来、ロックマンにメロメロ。
何事もパーフェクトでなければ気がすまない。
このページの著作権はシモテルにあります。 コピーページの通報はエグゼターミナルまで
<牛島ゴン太>
腕自慢の乱暴者。委員長には頭が上がらない。
ルナのスバルへの接し方に嫉妬している。この嫉妬が事件を起こすらしい。
このページの著作権はシモテルにあります。 コピーページの通報はエグゼターミナルまで
<最小院キザマロ>
物知りで頭が切れる。情報収集が得意なチクリ屋。
ルナの御意見番。
ロックマンに憧れると同時に正体を知りたがっている。

<ウォーロック>
FMプラネットから来たFM星人。
少々荒っぽい性格。

『ウェーブイン』
ウォーロックと合体し、電波化すること。

『ウェーブアウト』
電波世界から現実世界に戻ること。

『ウェーブバトル』
<基本ルール>
1.縦に並んだカードは同時に選択可能。
2.同じカードなら場所に関わらず同時に選択可能。
3.Rボタンでカードの説明。(カスタム画面)
4.Lボタンで逃げる。(カスタム画面)
5.Aボタンでカード使用。
6.Bボタン押しっ放しでロックバスター。
7.LまたはRボタンでカスタム画面へ。
8.白いカードはいわゆるアスタリスク(*)。
9.十字ボタン↓でウォーロックアタック。
10.カウンターで相手がマヒする+ボーナスカード1枚ゲット。
11.ボーナスカードはランダムで出現。(カスタム画面に入る必要なし)
12.フェイバリットにしているカードは白くなる。
13.Bボタンを押していないとチャージし始める。
14.Yボタンでシールド。
15.戦闘中にスタートボタンでウォーロックアタック時の画面変化を設定可能。
16.ボーナスカードでのカウンターではボーナスカードは出現しない。

FM星人には人間を電波化する能力がある。

FM星人は心に孤独のある人間に取り付く。

トランサー画面の選択肢は選択すると項目を読み上げている。

発売前情報ログに関してはコチラ



ET・東の攻略都市へ戻る



Copyright © GYAKUSAI TERMINAL. ALL RIGHTS RESERVED