検事軍団
of・GYAKUSAI TERMINAL


逆転裁判登場検事一覧表 (ネタバレあり)


亜内 武文(あうち・たけふみ)
逆裁シリーズ第一話担当検事。

『うふふふふふふふふふふふ。』

押しが弱いベテラン検事。
昔は「新人つぶし」と恐れられていたが、千尋に敗北し現在に至る。
検事のなかでは一番弱い存在といえる。
特異な髪型のことが多く、人気も高い。
「異議あり!」の言い方もどこか弱々しげ。


御剣 怜侍(みつるぎ・れいじ)
検事局きっての天才検事。20歳の若さで検事になる。

『この私に勝てると思った時点で、それがもう「罪」なのだよ。』

赤い服に身を包んだ天才検事。
証言の操作、証拠品の捏造など、黒い噂が絶えない。
鮮やかな立証で5年近く無敗だったが、成歩堂に敗北。
敗北から一年後。突如、失踪する。
成歩堂との再開が彼を正しい道へと進ませる事になる。
成歩堂とは小学4年生の時の同級生にあたる。


狩魔 豪(かるま・ごう)
「生きる伝説」とも呼ばれる。40年間無敗の奇跡を生きる検事。

『決定的な証拠。決定的な証人。・・・・他に何か、必要な物は?』

史上最強のベテラン検事。
検事になってから40年間無敗の経歴を持つ。
何においても完璧主義者。
有罪のためなら「何でも」する男。
法廷では裁判長以上の権力を持つ。
逆転裁判第四話にて成歩堂に敗北した。


狩魔 冥(かるま・めい)
13歳で検事になった天才。狩魔豪の娘。

『泣きっ面に、ムチ。』

アメリカで生まれ育った。
常にムチを携帯し、裁判長ですら叩きつける。
他人をフルネームで呼ぶ癖がある。
逆転裁判2第四話にて肩を狙撃された。


ゴドー(ごどー)
正体不明の仮面検事。

『話してみな。・・・聞いてやるぜ。』

自称・完全無敗伝説の検事。
法廷中は常にコーヒーを飲んでいる。
眼に赤い三本の線が入った仮面をつけている。
意味不明な例え話が多い。
成歩堂に対し、静かで深い怒りを発する。




逆裁ターミナルへ戻る



Copyright © GYAKUSAI TERMINAL. ALL RIGHTS RESERVED