自宅近くを散策していて、ふと見るとアゲハの終齢幼虫がいたが、背中の
部分に違和感を感じてよく見るとヒメコバチの類が止まっていた。これから
産卵するのか、産卵が終わったのか、蛹になって楽しみに見ていても出て
くるのは蜂ばかりということになる。生存競争の激しさを感じる瞬間となった。

東京都調布市(1975/08/22)