ギフチョウの卵は、葉裏に産卵されることが多い。 まだ、展開しきっていない新芽に
つかまるようにして 産卵すると、尾端はどうしても葉裏に届くことになる からだ。
これはヒメギフチョウでも同様である。 時々、葉表に産卵された例を報告したものを
見かけ るが、確かに上を向いて展開した葉の表面に産卵 してある。
なぜこのようになるのか分からなかった。 しかしこの写真では雌は葉裏に
産卵しているつもり だろうが、産み付けている場所は葉の表面である。
この葉が成長すると、上を向いた葉の表面に産卵 されていることになる。

岐阜県伊自良村(1983/04/13)


 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_next.gif (460 バイト)b_bend.gif (244 バイト)