明るい疎林の中のウスバサイシンにヒメギフチョウの卵が3卵塊も産付されている。
少しずつ時間がずれて産まれたようで、一番右が一番最初に産卵されたものだろう。
産卵されてから葉が成長するために、古いものほど卵と卵の間隔が空くことになる。

長野県原村(1979/05/19)


 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_next.gif (460 バイト)b_bend.gif (244 バイト)