目の前にヒメギフチョウが飛んでくる。その飛び方から明らかに産卵場所を探す雌だ。
驚かさないようにそっと跡をつける。何度も食草にふれては尾端を曲げるが産卵しない。
よくよく観察すると、食草の新芽の角度が問題のようだ。やっと落ち着いて産卵を始めた。

(長野県八ヶ岳山麓:2003/05/02)