春にはツツジ類に良く吸蜜に訪れる。ユリやツツジの花の構造もアゲハ類に受粉してもらえる
ように、雄しべも雌しべも長く突き出て、足の長いアゲハの体に花粉をつきやすくしている。
赤い色もアゲハ類をターゲットにしていて、花弁の濃い色の斑点は蜜のありかを示す目印だそうな。

埼玉県小川町(2001/05/04)