体の色が黒いせいか、日向よりも林の縁の日向と日陰の混じり合ったような環境を好むようで、
このときも渓流沿いのアザミの花で吸蜜していた。この雌は卵でおなかがはち切れそうだ。

長野県八千穂村(2003/08/28)