水のしみ出た林道で吸水する夏型雄、標高600m位だから、
後翅の黄色帯ははっきりとはしない。それでも大型の蝶だから
吸水しているのを見つけるとどきっとしてカメラを構え直す。

山梨県塩山市(2004/08/09)