2004年は春が早く、いつもならウスバシロチョウにちょうど良い時期なのに
すでに傷んだ個体が多い。これはその中でもましな方だが、羽化に失敗したのか
後翅の翅脈が折れている。雌なので尾端には茶褐色の交尾嚢が見えている。

東京都裏高尾町(2004/05/07)