ウスバシロチョウの飛翔シーンを撮影していたときに、飛んでいたウスバシロチョウが急降下して草むらに
降りた。見ると草の間でばたばたして交尾しようとしているようだ。やがて交尾が成立したのでそっと近づいて
撮影するが、何となく変な感じがする。よく見ると♀の頭が赤っぽくて丸い、どうも正常な頭ではないようだ。   
羽化不全で蛹の頭か何か残っているのかと思いながら撮影して、一体なんだろうと思って軽く指を触れると、
その赤くて丸いものがツーと指に広がった。えっと思ってみると、首が切れて、その切り口からしみ出した体液
だった。交尾をするときに草の間で暴れているうちに、草か何かに首が引っかかって切れてしまったらしい。
昆虫は首が切れたくらいではすぐには死なないが、首なしの♀と交尾する姿は何とも異様だった。
そのうち、交尾する姿に引かれたのか、次から次へと♂が飛来して、やがてウスバシロチョウの団子が
出来てしまった。こんなにたくさんの個体が集まったのははじめて見たが、その団子が草むらに落ちた。
草むらでもしばらくは団子状態のままでいたが、やがて1頭また1頭と離れていった。

埼玉県嵐山町(2006/05/06)

 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_bend.gif (244 バイト)