産卵衝動に駆られた雌は、食草のムラサキケマンの生えている近くの
草の間に潜り込んで、枯れ枝などに4、5卵をまとめて産卵する。

埼玉県嵐山町(2005/05/05)