ミスミソウ


新潟県分水町 新潟県分水町 新潟県分水町 新潟県分水町
新潟県分水町 新潟県分水町 新潟県分水町 新潟県分水町
 ミスミソウは雪割草とも呼ばれ、本州中部以西から九州にかけて分布する。
3月の終わり頃から4月にかけ花を咲かせ、顎片のように見えるのは茎葉で、花弁のように見えるのが顎片で、花弁はない。花弁のように見える顎片の数は6〜10と変異があり、色は大平洋側では白色、日本海側では薄く青・紫・赤などを帯びるものがある。
オオミスミソウは新潟を中心とする日本海側地方原産で、花が大きく、色形とも極めて変異に富んでいる。ここでは全てミスミソウとした。園芸ブームで盗掘が絶えず数が減っているそうだ。