山はガスで覆われていて下草は露でびっしょりと濡れている。草原を歩くと
足元から弱々しくヒメヒカゲの雄が飛び立った。この地では年1回7月中旬
から発生し始めるようだが今年は夏が暑くすでに痛んだ個体も見受けられた。

長野県岡谷市(2004/07/18)