産卵は食草付近の地面に直接産み落とされ、卵はころころと転がっていく。付近に
多いイネ科植物を食べるのでラフな性格をしている。乾燥に対する適応だそうだ。

長野県入笠山(1977/08/03)