樹林の間をひらひらと飛んできたコジャノメは明らかに産卵植物を探す
雌だった。追いかけていると、チヂミザサに降り立ったので写真を撮るが、
その時は角度の関係で、葉に止まっただけのようにしか見えなかった。
家に帰って写真を見ると、このように尾端を曲げて産卵していた。

埼玉県鶴ヶ島市(2003/08/18)