「高山蝶」を著した田淵行男氏は本種のことを「ハイマツ仙人」と呼んだ。
2400mを下ることのない生息地や、すぐに岩屑の間に静止し、風を避け
るように体を横倒しにする様子を見てのことだろうか。

北アルプス蝶ヶ岳(1979/07/30)