チョウの生態写真を再開するきっかけとなったカメラ。ファインダー形式で、接写性能も十分。
コンパクトフラッシュとスマートメディアの2種類の記憶媒体を同時に入れられるのは便利。
しかし使っているうちに、CCDの大きさによる背景の写り方や、ぼけ味、色の再現性などに
不満が出て、本格的なデジタル一眼のニコンD100の発売とともにそちらに切り替える。