4月中旬から5月上旬にかけて発生する春型は、後翅裏面の銀白状がはっきりしている。
家の前の小畦川の両岸の300m位の狭い範囲で毎年発生を繰り返している。今年(2003年)
には宅地の開発も始まり、住民が草刈りをしてゴルフの練習場を作ったりして、
いつまで生息出来るかわからない。少しでもその美しい姿を残したいと思う。

埼玉県川越市(2003/04/27)


 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_next.gif (460 バイト)b_bend.gif (244 バイト)