暗い樹間の葉の裏で静止する雄。夏の暑さを避ける
ためだろうか、この姿勢でじっと静止したままだった。

山梨県日野春(1977/08/02)