多くのセセリチョウ同様、静止する時は前翅を立て後翅を水平に開く形をとる。
関東などでは6月と8〜9月の年2回発生するようだ。鮮やかな黄色と独特の
斑紋が美しく、数もそれほど多くないので見つけるとカメラを向けたくなる。

埼玉県川越市(2005/08/13)