中部地方の山を7月に歩いていると、明るい草地で見かけることが多い。雄の翅表の
明るい空色はチラチラと太陽を反射してすぐに気がつく。ただこの頃は他の蝶に気を
取られてついカメラを向け損なうことが多いが、近くで見れば雄の裏面の翅の付け根の
青いぼかしと亜外縁の橙色斑も美しく、ほんとに気品のある美しい蝶だ。

群馬県榛名町(2004/07/14)