雄の成虫は、午前中、林縁の木の枝先やススキなどに止まって縄張り行動を行い、
近くを他の雄やハエなどの小昆虫が通ると追飛する。活動の最盛期は8時前後で
11時頃まで盛んに縄張り行動を行うが徐々にその数を減らし、午後は不活発になる。

群馬県榛名山(2004/07/14)