クロシジミは本州、四国、九州、対馬に分布し、幼虫はクロオオアリの
巣の中でアリから餌をもらって成長するという特殊な生活史を持っている。
その特殊な生活のためか近年著しく数を減じ、多くの産地で絶滅し、現在は
絶滅危惧種T類というもっとも絶滅のおそれの多いランクになっている。

兵庫県養父市(2004/07/04)