クロツバメシジミは関東・中部あたりのグループと近畿地方のグループ、それに
おもに九州の海岸沿いに分布する3つの亜種に分かれるが、海岸沿いの
グループ(海クロツ)は関東と近畿のグループの内陸に分布するもの(山クロツ)
とは、後翅外縁の青い斑紋列が発達することで区別できる。こちらは山クロツ

長野県松本市(2004/08/03)