太さ1p弱の若木の葉に止まった雌がしばらく葉の上に静止していたが、
やがて尾端を軽く曲げて幹の様子を探るようにしながら移動し、やがて
地上から1.5m位の高さの芽の付け根に尾端を押しつけて産卵した。

埼玉県日高市(2004/06/26)