ミヤマシジミはコマツナギを食餌植物としているが、コマツナギは生育条件が難しく、クズや
ススキなどに覆われてはだめだし、かといって冠水するような場所でも生育できないという。
しかもこの蝶自身がアリによって外敵から保護されるという生態をもつためにどんどん数が減少して、
環境省のレッドデーターブックで絶滅危惧種U類(絶滅の危険が増大している種)に分類されている。

長野県松本市(2005/10/09)


 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_next.gif (460 バイト)b_bend.gif (244 バイト)