ムラサキツバメは本来は南方の蝶で、九州、四国、和歌山、広島以西などに生息
していたが、近年食樹のマテバシイが公園などに植えられたり温暖化で冬の気温が
高くなったことも関係して、関東でも2001年頃から生息が確認されるようになった。

埼玉県川越市(2004/10/15)