この年は色々とあって狙い通りの時期に出かけることができず、オオゴマシジミに
会いに来たのは適期を1週間ほど過ぎた頃だった。そのため大半の蝶は痛んでいて
写真にはなりにくかったが、この蝶はそれでも何とか撮影できるレベルで、しかも
15分以上もゆっくり吸蜜してくれたので何とか満足することができた。

長野県松本市(2005/08/16)