12時近くに午前中の撮影を終え、食事に行こうと歩き始めると蕗の葉に止まっている個体を見つけた。
しばらく撮影していると、じわっと翅を開きはじめた。チョウセンアカシジミは午前中は葉の上などで
じっと静止していて、午後14時頃から活発に活動をはじめるが、ちょうどその中間の時期に翅を
開くようだ。この個体は紅色部が大きく広がった♀で岩手県などの特徴を持っている。

山形県小国町(2007/06/23)