やや暖かい土曜の午後、勤務を終えて歩いてみたが、15時をすぎた時間では
何も見あたらない。狙いを変えて越冬中の蝶を探してみるとアラカシの葉の裏に
静止するウラギンシジミを見つけた。前翅の先が尖っているので本格的な耐寒性を
身につけた個体のようだ。そうでない個体は寒さに耐えきれずに死んでしまう。

埼玉県川越市(2004/12/11)