この時期の3時近くの日はもう頼りない。その日差しをいっぱいに浴びる
ように翅を開いた雌。紅い雄は人目を引くが雌もなかなか渋い色合いだ。

埼玉県川越市(2004/12/05)