ヤマトシジミの雄の翅表は、夏型では写真のように中心部が青く、周辺部が黒く
なっている。春や秋の低温期のものは青色部が拡大して綺麗なブルーになる。
これには幼虫期の日長と温度との2つの要因が互いに関係しているらしい。

埼玉県鶴ヶ島市(2003/08/17)