シロツメクサの葉表に産卵する白色型雌、シロツメクサの群落で1卵を
散布すると小飛して近くの葉上で小休止し、その後また産卵するという
行為を何度も何度も繰り返していた。産卵と産卵の感覚は2.3分だった。

東京都立川市(2003/05/09)

 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_next.gif (460 バイト)b_bend.gif (244 バイト)