外に出ようとして暴れ回って疲れてしまったのだろう、トイレの窓の桟に
止まって近づいても逃げようとしない。このままでは死を待つのみなので、
そっと手のひらに載せて外に出て、葉に止めようとしたらぱっと飛び立って
しまった。あわよくば写真を撮ろうとした目論見ははかなく消えてしまった。

長野県八千穂村(2004/08/16)