自宅近くの小さな雑木林に観察に行くと、コナラの樹液に大型のタテハのシルエットが
見える。そっと近づいて見るとヒオドシチョウ。こんな場所で羽化直後の個体を見かける
とは思わなかった。近くに大きな雑木林もないので関越道の横に生えているエノキから
発生したのだろう。だんだん木が大きくなってきているので、これからが楽しみだ。

埼玉県川越市(2004/06/04)


 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_next.gif (460 バイト)b_bend.gif (244 バイト)