春、交尾を終えたヒオドシチョウの雌がエノキの枝の 先端に産卵している。
一卵一卵積み上げるように産卵して100卵前後の卵塊をつくる。
孵化した幼虫は最初は糸を吐いて巣をつくるが、やがて個々に移動する。

山梨県・甲府市(1976/04/05)


 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_next.gif (460 バイト)b_bend.gif (244 バイト)