シモツケソウで吸蜜する雄。 いつだったか忘れてしまったが、夏の高原に行った時に
モンシロチョウより一回り小さなヒョウモンが地上近くをちらちらと飛び回っては吸蜜していた。
裏面の模様がエキゾチックだった。コヒョウモンモドキとの最初の出会いだった。

長野県原村(1979/07/18)