オオイチモンジの雌を探して河原を歩いていると、5m位前方に3m位の独立したドロノキが
あり何気なくその木を見ていると、地面から1.2m位の葉の表面に蛹のようなものが見える。
近づくとオオイチモンジの蛹殻だった。何とも無防備で目立つ所にある蛹だが、抜け殻に
なっている所を見ると無事羽化したのだろう。近くでは高所を飛ぶ雌を見ることが出来た。

長野県・上高地(2005/07/24)

 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_back.gif (478 バイト)b_bend.gif (244 バイト)