雌は雄と異なり、翅の先端(ツマ)が黒く、ツマグロヒョウモンの名の由来になっている。
離れてみると、カバマダラと いう蝶そっくりだ。飛び方もヒョウモンチョウにしては驚くほど
ゆったりとしていて、カバマダラに良く似ている。カバマダラは食草のトウワタに毒があり
それを体内に取り込んでいるので鳥が食べないと言う。それに擬態しているのだそうだ。

山梨県甲府市(2003/10/13)


 b_fend.gif (166 バイト)b_home.gif (491 バイト)b_index.gif (486 バイト)b_next.gif (460 バイト)b_bend.gif (244 バイト)