アサマシジミやヒョウモンチョウを撮影していると、林道でウラギンヒョウモンが吸水していた。
ギンボシヒョウモンとウラギンヒョウモンは翅表での区別がなかなか難しいが、
♂の場合はウラギンヒョウモンの前翅の発香鱗がくっきりと目立つことで区別出来る。

山梨県甲府市(2005/07/03)