ベニヒカゲもボロになり、成虫越冬のタテハ類が多くなる8月下旬から本種の
産卵が始まる。下草の間に潜り込んで尾端をその中に差し込むようにして
産卵するが、じゃまになる草が多くて産卵シーンを撮影するのはとっても難しい。

長野県妻恋村(2006/08/31)