翅表の模様は、基本的にコヒョウモンモドキと同じだが、雌の場合、黒状の
線が細い分、全体的に明るく見える。それがウスイロの名の由来に
なっているのだろう。昨年から地元に保護団体が出来、地域の行政と
一緒になって保護活動が始まった。いつまでも姿が見られると良いのだが。

兵庫県ハチ高原(2004/07/04)