新調昔話
←戻る

新調昔話第445話<2003年11月23日>
ついこの間、ゲームの予約したくせにりょうくんがまた本日ゲームを買いました。金は・・・大丈夫なのか・・・わが弟よ・・・。それとも浪費家の血筋なのか・・・。

 

新調昔話第446話<2003年11月24日>
今日のイベントはアタリでした。嬉しかったです〜。私もふらふらと浪費しそうでした。好きなサークルさんが休止してしまうのを知ってとても悲しいです。
新刊買ってくださった上にスケブ頼んでくれたお兄様、ありがとうございました。それとスペースの前を通ったパペットマペットのうしくん・かえるくんを両手につけたお兄さん、とても楽しかったです。

 

新調昔話第447話<2003年11月25日>
「ノットオープン、ミドルエイジ」
母と父との会話で出てきた言葉です。まったく意味がわからなくてたずねたら、ラジオでやってるCMの言葉であることが判明。
関西限定なこの言葉遊び、味があって好きです。
さあみんなもノットオープン、ミドルエイジ!
因みに答えはこれ→「あかんっちゅうねん!」(開かない・中年)

 

新調昔話第448話<2003年11月26日>
語れば語るとき語れない、語るよ。

自分の好きなものがあります。それは例えば、小説であり、漫画であり。そしてそれをここで全面的に語ってよいものか。うんちく語りではなくただひたすら「これいいよねー!私はこいつらのここが好きー!」というような語り。
オンリーサイトにする気がないのでなおのこと「語る」ということができません。人様のレヴォ語りなどは楽しく読んでいますが、じゃあ自分でやるかとなると、どうしても一歩引いてしまいます。
読書感想文と語りは別物です。

 

新調昔話第449話<2003年11月27日>
どうしよう、大変なことになるね。
本日来月の休みを申請したんですが、また旅行行くので25〜29日に休みを・・・といったら、年末年始で28日と29日は忙しいから、必ず来るようにと頼まれてしまいました。
3泊4日の旅が・・・ああ・・・。大阪・京都の予定が京都単品2泊3日になる予感です、というよりも、それしかないって言うかなんちゅうか、同行者もショックでしょうが私だってショックですよー!

 

新調昔話第450話<2003年11月28日>
歯が痛いです。歯が歯が歯が!もうここ数ヶ月ずーっと歯医者行ってるんですがまったく治りませんよ!
何のために神経抜いたんだよ!医者がヤブなのか、まさか、私はぼったくられているのか!

 

新調昔話第451話<2003年11月29日>
朝起きても歯が痛くて仕方ありません。そんなことはさておきですね、12月のバイト休みは「23日(イベントなので)、25〜27日(旅行なので)」だけとなりました・・・っ。
29〜31日のどれか一日は休ませてほしいんですといったところ、現時点では不可能のようなので、下手すりゃ年末、寺坂は過労死しそうです。風邪なんかひいたら一発でアウトです。
ああ、こんなことなら毎週日曜も休みにしておくんだった・・・。

 

新調昔話第452話<2003年11月30日>
半年目の真実

私が表向きにネット声優を降りたのには深いわけがある。私もすっきりさせて年末年始を迎えたいのですよ。
初めてもらったドラマCDの仕事に参加が決まり、寺坂は図書館でNHKアクセント辞書を片手に落ちもない興味もない話の脚本を読み、練習しました。
しかし本番当日、起こったことがこれです。
「そのアクセント違うよね(笑)」「久しぶりに方言聞いた(笑)」
とか、本当に哂われながら言われたんですよ。いい大人が人前で本人前にして言いますか!他人の気持ちもわからずに「あなたの気持ちがわかる」とか言う台詞言ってる場合ですか!一人はプロらしいですが、それがプロのやることか。
初仕事で緊張していた事を棚に置く気はさらさらありませんが、挙句に「そのアクセントは、こうだとおもう」とかいわれ、とにもかくにも精神的にズタボロになったわけです。また、アマチュアの脚本家がずいぶん偉そうで自分のイメージばっかり押し付けてきて「だったらお前がやれよ!私はこんな話の内容もわかってないような話の演技なんかしたくないわい!第一にこの仕事はいらん」と声を大にしていいたいぐらいでした。言っておけばよかった。
あと、その話にタイトルが決まってなくて、私がいくつも提案しても却下却下でしまいにはうるさいとまで言われました。だったら気が済むまで自分ひとりでタイトルつけて来いや!個人的な非難ですが、私はそれ以上につらかったんだ。ちくしょう。
以来、私個人の趣味で、絵や小説で表現するのと同じように声表現は続けていますが、もう二度とあの仕事はしたくないし、キャストにも会いたくない。

 

新調昔話第453話<2003年12月1日>
日記に書くのは初めてですが、実は三日前から家のリフォーム工事が始まっています・・・。
ひ、ひどい。私が出ていくまで待ってくれるんじゃなかったのか!えーんえーんや!耳を澄ませばドリルの音が響いてきます。ううう。家が壊される〜。
正月は青シートの中で過ごすことになりそうです。

 

新調昔話第454話<2003年12月2日>
今年の流行語大賞、決まったんですね。
寺坂の中では「このクソガキャぁあ!」なのですが、いくらなんでもひどすぎますな・・・。嫌なことのあるたびに言ってたからな・・・。かといって他に浮かぶ言葉もないなぁ。

 

新調昔話第455話<2003年12月3日>
そういえば、結局秋は風邪を引かずに過ごしました。しかしただいま寺坂、喉が凄い痛いです。は、はやく寝なきゃなぁ。何よりもこのバイト休めないからな・・・!

 

新調昔話第456話<2003年12月4日>
弟がテスト中なので授業が早く終わるため、今日は一緒に昼メロドラマを見ました。
相変わらずの電波系ベタベタな台詞、そしてむかつく主人公に弟は「これ何なん」と戸惑っていましたが、無理やりテレビつけて見ました。
毎日見続けていると、毎日見ていないと癪に障るので、さっさと終わらんかなあと思いながら見ています。終わらんかなあと思いいながら見る自分が一番何なんだか。

 

新調昔話第457話<2003年12月5日>
ただ今、川上弘美の「光ってみえるもの、あれは」を、速読の寺坂(自称)がゆっくり読んでいます。
どうも、一気に読む気力がなくなってしまいまして・・・。決して話が悪いとかじゃないんだ。私に時間がないからでも、ないですが。
出足が好調な本は一気に最後まで読むものの、どうも面白いポイントを見つけるまでを読むのが遅いわけです。何のいいわけなんだ。

 

新調昔話第458話<2003年12月6日>
自転車がパンクしてしまいました。ちょうど前日に空気入れたところだったのに・・・!おかげで晴れの日でも車でバイトに行くことになります。
寺坂迫杉虎成(愛チャリ名)、ごめんよ・・・。決して君を捨てたわけじゃないんだ。私は君が大好きだ。

 

新調昔話第459話<2003年12月7日>
ただ今車内のBGMに「アニメ・シスタープリンセスのOP(タイトル忘れた)」「恋のメロディー(同じくシスプリの可憐役の人の歌)」、サザンオールスターズの「マンピーのG☆SPOT」「パソゲー・ココロ・・・のMIDI曲をマイクで根元から録音して無理やりコピーした曲」をかけています。
一番の問題は、この車に自分以外の人が乗ったとき。
本日、あやうく母と一緒にマンピーのG☆SPOTを聞く羽目になりそうでした。
この歌は家族と聞けない曲です・・・。

 

新調昔話第460話<2003年12月8日>
バイト先ではいつも長袖の作業服を着るため、半そでを着ています。そのため、かなりもう寒さがきついので昨日、半そでのセーターを買いました。
で、今日着用したのですがすっごいぬくい。こんなに暖かいとは!お母さん、私、この冬もがんばるよ。

 

新調昔話第461話<2003年12月9日>
このところ口ずさむ鼻歌がテレサ・テンの「別れの予感」です。
♪これ以上〜あなたを〜愛するなんてー私にはーできないー
ああ、カラオケ行きたいなあ。年末年始は同行者と都合あわせにくいので悲しいです。

 

新調昔話第462話<2003年12月10日>
父娘戦争

とうとう我が家のリフォームが始まりました。別にあれこれ反対したわけでもないのに父から小言というか罵倒されてすごいいらだっています。
父が私を嫌いなのはわかる。私も父が大嫌いだ。仮に父が「嫌い」という愛情表現をしているのであればそんなもんいらん。
というわけでお互いストレスなく生きるために話しかけるということをやめてもらえんだろうか。
誰かいい値でかまわんので私の父に伝言してください。
もう、私の精神がぼろぼろです。た・・・助けて・・・。
負け犬と呼ばれようが、父とかかわらずにいられるならそっちを選びます。私は父が大嫌いです。

 

新調昔話第463話<2003年12月11日>
バイトの途中から雨が降ってきてるというのに、外の倉庫の掃除が始まりました。一時間近く雨に打たれていまして、大変寒いです。
か、風邪ひきそうというよりも、絶対ひいてるって私・・・!

 

新調昔話第464話<2003年12月12日>
案の定風邪引きました。
したがって一日中ゆっくり寝ていたいのですが、我が家が工事中でかなりうるさくてとても眠れません。・・・明日元気になあれ。

 

新調昔話第465話<2003年12月13日>
家にいて何が嫌って、ずっと頭の後ろでがんがんトンカチの音が聞こえることですね。
だ、誰か安らぎをください・・・。

 

新調昔話第466話<2003年12月14日>
実は毎年、冬になるとSFC版の「かまいたちの夜」で遊んでいます。ピンクのしおりで見れる「宝探し編」が見つからず(どこでりせっとをおすのかわからんかったので)、先日やっと見つけ、さあ宝探し編だと意気込んだのもつかの間、セーブデータが飛んでしまいました。
しかしまあ、寺坂も人間できてきたので泣かずわめかず、いちから遊んでやろうやないかいと、名前入力から始めなおすことにしました。
そんなわけでオリジナルキャラの二人(うどん先輩とどんぶりくん)を入力してみたのですが、確認画面で「予約名はどんぶり様、お連れ様はうどん様ですね」といわれて一気にやる気なくしてしまいました。
そんなわけで適当に名前考えてはじめようと思うのですが意外に漢字が登録されていなかったりで、思うように進みません。
・・・何よりもこの名前登録のときをはじめとするメインテーマのBGMがめっちゃ恐怖をあおる曲で、怖くて怖くて。
でもって、30分悩んだ結果、名前入力せずに終わりました。
誰かいい名前教えてください。

 

新調昔話第467話<2003年12月15日>
今日びっくりした弟からの言葉。
「お姉ちゃん、ミガロポリスで検索したらおねえちゃんのページでてきたで」
このページは弟に優しくない表現が含まれています。満載です。
ヤフーで検索したら一件だけ出てきた、とのこと。しかしあとで私がやったところ何十件か出てきました。なんでだろう。

 

新調昔話第468話<2003年12月16日>
カラオケ行ってきましたー。
いろいろ歌って楽しかったです。テレサテンの「別れの予感」ですが、結構怖い歌だったのですね。
それとりぜるまいんの「はじめてしましょ」があったので意気込んで歌ってしまいました。同行者の朔さん、思い切り退かせて失礼しました。

 

新調昔話第469話<2003年12月17日>
せっかくの休みでもお日様の明るいうちは常に家に大工がいるので、まったく安らぐことができません。
そんなわけで、最近はもう家を出ることにしています。むしろ家にいたくない。さあ、買い物いこー。

 

新調昔話第470話<2003年12月18日>
12月発売のゲームをチェックしたら、なんとまあ、私が昔ゲーセンでひたすらプレイしていたゲームがパソコンに移植されていたということを知ってびっくりしました。タイトルは「対戦ホットギミック・快楽天」です。脱衣麻雀。ボタン連打で女の子におしおきしまくってましたさ!一緒にゲーセンいった先輩に「すみません、両替してきてください!」と頼んだこともありました。おかげで平成裸侍カイン(声・若本規夫・アナゴさん)のふんどし引っ張ることができました。
そもそも脱衣麻雀のために麻雀覚えたのですよ・・・。でもホットギミック〜ではありませんでしたけど。
それにしても、ああ、ほしいなあ。ほしいなあ。メーカー直販で申し込んだら雀犬のコースター付か〜っ。いいなあいいなあ。
正直に告白しますと、麻雀始めたのは14歳の秋でした。

 

新調昔話第471話<2003年12月19日>
寒いと思ったら、雪が降っていました。初雪観測です。
なんともいえん、やさしい降り方でしたが、寒いものは寒いです。キーボードたたく指まで震えてきます・・・。

 

新調昔話第472話<2003年12月20日>
うわあ初雪だああと思った昨日・今日の話なのですが、朝起きたら積もってました。そんなわけでバイト先まで歩いていきました。ああ寒い寒い。でも北のほうじゃもっと寒いんだろな。序の口なんだろな・・・。甘いこといえないな・・・。

 

新調昔話第473話<2003年12月21日>
いや、別に夜更かししたわけじゃないんですよ。ちょっと最近チャットにはまってるんです。そういう理由なんです。おじさんの話がつまらないんじゃないんです、私もH野の社長グループが私より働いてないのに倍以上の給料もらってると聞いたら人間として悔しいです。
決してアホらしくて泣いたんじゃないんです、あくびしてしまっただけなんです。どうかどうか早く帰宅させてください、私に睡眠時間をください。

 

新調昔話第474話<2003年12月22日>
シャンプーを変えました。同じロンゲとして許せない、とか言ってる某CMのシャンプーです。私もロンゲなので許せんス!
使ってみたらあら不思議、めちゃくちゃさらさらで気に入りました。もうメリットなんてデメリットだらけやねー!

 

新調昔話第475話<2003年12月23日>
毎日毎日寒いです。雪がまだ残っています。雪が残っています。どうしようもないこの大寒に手も足も出ず、寺坂は風邪気味です。そんなわけで、今日のイベント不参加です。すみません。

 

新調昔話第476話<2003年12月24日>
H野の社長の息子がプレゼントをくれました。アサヒの缶ビールです。
さ、酒飲めんってのにもらっちった・・・。かといって、我が家で酒を飲む父にプレゼントするのもなんか嫌だ。
いや、しかし。どうせ私の金出したものじゃないんだ(極悪)。
「父よ、酒がほしければわらわを称えよ。そしたらこの缶ビールをくれてやる。何?いらん?あ、そう。じゃあこれは庭の木にでもかけてやるぞ、ぐはははは」という台詞が言えるではないか!
ありがとうH野のぼっちゃん。

 

新調昔話第477話<2003年12月25日>
ついつい夜更かししてしまい、ちょっと体調不良のまま旅行してきます。ああ、京都京都。それと大阪。でも旅行疲れのままバイト約9時間が待ってるんですよね・・・そんなにはしゃげないな・・・。
でも、楽しんできます。

 

新調昔話第478話<2003年12月27日>
帰ってまいりました。いやぁ、寒かった。雪の京都はなかなか味なものでした(ちょっと間しかふらんかったですが)。
銀閣寺の寂れっぷりに感動しつつ、清水寺の近くの土産店でたらふく八橋をつまみ食いしてきました。名所はこの二つしか行ってないです。
京都タワーの前に絵馬があって、落書きしてきました。一人前にサインまでつけてきました。でも他の人の書き込みも多くて自分でどこに書いたのかわらかなくなったり。
最終日は大阪のでんでんタウンとまんだらけを歩きました。探していたサターンソフト「わくわく7」見つかってめっちゃ嬉しいです。でも年末はバイト進行が大変で遊ぶ暇なさそうです・・・。
何はともあれ、楽しい旅行でした。

 

新調昔話第479話<2003年12月28日>
騙された!
今日は小休憩挟んで8時半から夜6時まで働くはずが、おおかた7時前まで働きました・・・!
ちくしょうちくしょう、ただでさえのどが痛くて鼻声で頭もクラクラなのに!ああ!ああ!
でも帰りしなボーナス2万8千800円をもらったので、勘弁してやる(えらそう)。うう、ほんまに休みたいです。

 

新調昔話第480話<2003年12月29日>
どうにも風邪こじらせてしまったのでバイトを休みました。年末にやっている病院が町の端の寂れた田舎にあり、大いに迷いました。で、待合室で待ってたらいつの間にかお腹まで痛くなって、悪化しました。
極めつけは医者の台詞。
「うーん、やっぱり薬のまなアカンねえ、何年生?」
もう、突っ込む気もない。

 

新調昔話第481話<2003年12月30日>
一度体を壊すと不思議なもので、周りの対応がとても優しくなります。イッツアミラクル。バイト先のおじ様にジュースを買ってもらって馬鹿みたいに喜んでしまいました。
ジュース一本で私の明日は買収されます。

 

新調昔話第482話<2003年12月31日>
思えば去年の今頃もバイトをしておりました。
そうだ、あのころはパン屋だったから、食パンやら菓子パンやらなんやらをぎって来たものです。よくへくっていたせいでいまだに菓子パンを「金だして買う物」という認識ができません。困ったものです。
それはさておき、今年の年の瀬も相変わらず振り返ればあわただしかったです。でもいろいろ経験した年でした。

←戻る

手間のかかるたどり着き方ですみません・・・。