新調昔話
←戻る

新調昔話第481話<2004年1月1日>
一月一日はいつも家族がカニを食べに旅行をします。私は海鮮料理&鍋料理というもの全般が苦手のため、旅行は不参加です。
そんなわけで、つまり去年と同じく私はホームアローンごっこです。
ああ、友達や恋人がいるなれば「これから家だれもおれへんねやんかー、なあなあ、一緒にオールザッツみいひん?なあなあ」とか言う口実を作って家に呼べもできるのですが、みんな遠いところにいるので(決していないわけじゃないんだ・・・たぶん・・・)そんなことも気軽にできません。
悲しいかな一人で留守番です。多分、来年も。

 

新調昔話第482話<2004年1月2日>
♪君がいないと〜何にも〜できないわけじゃなーいー(提供マキハラノリユキ)。
とかいいつつ留守番しているんですが、ヤカンがどこかわからんのでお湯も沸かせず、とにかくまあ食が不便な留守番となりました。ああ、私もご馳走が食べたい。でも海鮮はやだ。

 

新調昔話第483話<2004年1月3日>
本日、母方の祖母の家に行くので、振袖を着ました。
成人式に行くために買った、例の振袖です。着てみるとこれがなかなか重量あって、いすに座っていると腰が痛くなりました。帯もまた重くて・・・。
ああ、でもしかし赤い着物は着ていて気持ちが嬉しくなります。脱がされたくなります。
時に2日の夜に見た夢が初夢だそうですが、あろうことか「脱がされる夢」を見た私は欲求不満なんでしょうか。

 

新調昔話第484話<2004年1月4日>
久しぶりにリサイクルショップに行きました。
そしたらそこにGペンとかスクールペンの100個入りの箱(定価5000円らしい)が、100円で売っていました。ゼロの数が間違ってるのかと、ちょっと確認したのですが、やっぱり百円でした。
いやあ、はりきっていっぱい買ってみました。ほしい方いらっしゃいましたら10本ずつ暗い袋に小分けしてお渡しします。ぜひどうぞ。たぶん書き味は大丈夫かと思います。
因みに寺坂はスクールペンの細い均一な線で絵を描いたりしていましたが、最近はほぼGペン一本で細部まで仕上げています。がりがり強弱つけるのが楽しいです。

 

新調昔話第485話<2004年1月5日>
仕事始めー。はーい仕事始めー。
終わったのが2時半ってどういうことよ・・・!何度も言いますが12時30分が私の労働終了時間ですよ!え!?なんなんこの2時半て!
うう、否が応でも今年は嫁いでやる!もとへ、稼いでやる!
でも実際問題町内で時給750円以上のところがあったらどなたか紹介していただけませんかね・・・。

 

新調昔話第486話<2004年1月6日>
ぽつぽつと年賀状が元旦過ぎても届いているのですが、つい昨年出来ちゃった結婚したミキちゃんからの年賀状が来ました。アレですよ、流行の処理に困る写真付年賀はがき。
結婚式の二人と別枠に赤ちゃんの写真が。ミキちゃんが某ピン芸人に見えてびっくりしました。あれか、新婚さん&子供もちは写真付のはがきばっかりなのかな。私は絶対送りたくねえなあ。
というのも、中学時代の恩師雛倉先生から家族写真のはがきを送られて一気にさめてしまったので・・・。不思議なもので、あれほど焦がれていたのがぱっとさめました。でも家庭円満をお祈りします、先生。

 

新調昔話第487話<2004年1月7日>
お金があるときに古本屋に行くとどうにもこうにも気前が良くなります。
今日は今日で昨晩寝ずに作ったドライブ用のCDを聞きながら古本屋めぐりをしてきました。なだいなだ著「おっちょこちょ医」もまた買いました。この話はまた後ほど。

新調昔話第488話<2004年1月8日>
歯の痛みが治まりつつあるので、安心して豆餅食べたらいつもの左奥歯に激痛が走りました。
慌てて歯医者に行ったものの、なかなか治りません。ああ、はやく両歯で物が食べたーい。

 

新調昔話第489話<2004年1月9日>
世間的にも成人式は12日(月曜日)なので、その日にバイトの休みを取っているのですが、なんとまあ成人式が11日(日曜日)であることが判明しました。
うひゃあ!なにこれ、毎年成人式の日になると開催される「ABCお笑い新人グランプリ」と今年の成人式どっちをとるか悩んでいたのをあたかも見透かしたように前日って!
そんなわけで、成人式はとりあえず顔出します。正直会いたくない人々ばかりなのだけど・・・。

 

新調昔話第490話<2004年1月10日>
「私(注・寺坂の意味)のお母さんぐらいの人が好きそうなお菓子を1000円分、私(同意)ぐらいの人が好きそうなお菓子を3000円分、その二人の好きそうなラーメンを1000円分かごに入れておいで」
と、モリタさんにいわれ、いったい何なんだろう、誰かにプレゼントするのか。まあなんにせよ私が食べないなら、関係ないかとぼんやり思いながら言われた通りかごに入れました。
「先にタイムカード押してき」
「は、はあ?」
さっぱり意図がつかめないままタイムカードを押して戻ってくると、かごの上に極上牛ロースがのせてあるではないですか。戸惑う私にモリタさん。
「成人式おめでとう。わいとカワサキさんからのプレゼントや。まあ、お金送るより物送った方がうれしいやろ」
そんなわけで、買い物袋三つ下げて帰宅しました。
素直に嬉しいです。まさかそんな贈り物をもらうとは思ってなかったので・・・。
そもそもそろそろバイト辞めたいわとかみんな大嫌いや等とすねていたので、今日を持って悔い改めることにします。ほんまにおじさま、どうもありがとう。私は幸せ者です。
寺坂教訓・ものくれるひとみないいひと。

 

新調昔話第491話<2004年1月11日>
懐古・忘却・巡恋歌

成人式に行ってきました。大して親しくもなかったのですが、中学一年のとき級長・副級長の中だったH田くんと話をしました。携帯まで貸してもらいました(なんせいまだ持ってないので)。どうもありがとう。でも本命のM井くんとは一言もしゃべれんかったとはこれいかに。

 

新調昔話第492話<2004年1月12日>
今日、バイトに行ったらモリタさん・カワサキさんからハンカチーフをいただきました。お菓子買ってもらって極上牛ロース肉もらってその上にハンカチーフまでいただいて、もう、感激です。涙がまたちょちょぎれました。

 

新調昔話第493話<2004年1月13日>
歯が痛いです。いつから痛いんだろうと歯医者の診察券を見てみたら9月からほとんど毎週は医者に行っていることが判明しました。
治りかけたなーと思ったらズッキーン!の繰り返しで、もう泣くしか。

 

新調昔話第494話<2004年1月14日>
生きたカニが一匹我が家にやってきました。晩御飯だそうです。
わが両親よ、カニはもう飽きたといっていたくせに・・・!
それはさておき生きたカニ、どうするんでしょうか。生きたまま手足へし折るんでしょうか。そう考えると生々しいな。仕方ないことだろうけれど。

 

新調昔話第495話<2004年1月15日>
一月半ばにして金を使いすぎだ・・・。どれだけ使ったのか一から考えるのが恐ろしーい!
ライアーの会員更新に二千円、小学生のころから探していた「お絵かきシャランラ」のお代1884円、オークションで落としたゲームのお代3000円、それとドリームキャスト持ってないのにキャラデザの先生が好きだからという理由で買った奇天烈少年'sガンガガン280円・・・!
いやぁっ。このあと、うちドリームキャストかわなぁあかんとよ!どうしよう。

 

新調昔話第496話<2004年1月16日>
サヤさん家に遊びに行ってきました。いやあ何度行っても楽しい話をしました。サヤさんいつもありがとうございます。

 

新調昔話第497話<2004年1月17日>
最近のバイトは楽で嬉しいなーっ楽しいなーっ。仁義泣き戦いin職場もたまにはあるけれど、私、この職が好きです(魔女の宅急便口調)。
そんなことを思いながら、今日は大ミスかましてしまいました。「牛モモ切り落とし(国産)」表示にして店に出しちまったんで・・・!
狂牛病・BSEうんぬんの前は「アメリカ産」表示していたのですが、大人の事情で「オーストラリア産」表示をしないといけなかったんですね。それをうっかり国産表示で(怖いので以下略)。ごめんなさいごめんなさい。狂牛人間ができたらどうしよう。
は、犯罪者ですか。弱冠二十歳にして札付きですか。刑務所行きですか。

 

新調昔話第498話<2004年1月18日>
哲学のライオン

悔しいときと嬉しいときに涙する。悔しくて泣くから悲しいんだ。
中学時代に心底尊敬していた中谷彰宏氏(最近はこの人の本を読まなくなってしまった)の本の中から引用。
しかし「泣く」のは人間だけじゃあないんだな。ウミガメだって出産のときに泣くからな。ウミガメと人間が一緒だというのが言いたいんじゃないのだけれども。じゃあ人間と動物の見分け方はなんだろう。言葉を話す九官鳥、笑う猿、怒る狼、寝るナマケモノ。
人間は動物の派生でしかないのか。動物と人間の定義とは何だろう。
・・・うーん、土屋教授の本を読んでちょっとひねた哲学をしたかっただけなのにまとまらなくなった。今日の哲学はおしまい。

 

新調昔話第499話<2004年1月19日>
気を抜くとバイトがすぐに長引くことが判明しました。なんしか私の定時は1時30分なんだそうです・・・。ひどい、一時間上乗せされてるなんてしらなんだ。でも二十日締めの5日払いの中、今月期は約二十日働いています。自給が750円で一日6時間働く日も多々あって。
しっかりかせがにゃあ!たーんとかせいで、来るべき日のために蓄えにゃあ!ああっ、私今日も生きてる!
学校で学ぶことは出来なくなったけれど、人生勉強中。

 

新調昔話第500話<2004年1月20日>
またもオークションでゲームを落札しました。てへへ。タイトルは、野々村病院の人々です。別に看護婦さん大好き!という訳じゃあありませんので念のため。
これ、実は私が昔(ヒイィ。年齢が書けない)プレイしたものの途中で手放したものでして、今度こそCGフルコンプリートさせるつもりです。攻略サイト見ながらでも・・・。

 

新調昔話第501話<2004年1月21日>
久しぶりに偏頭痛が帰ってきた。くそう、ストレスも特になくすごしていたというのに・・・。キーを打つ手もおぼつかなくなってきましたので、今日はここで失礼します。

 

新調昔話第502話<2004年1月22日>
ストレスの原因は、この左上奥歯ではなかろうか!頭痛がひどいまま昨日の夕方に歯医者に行ったんですが、口の中みてちょっと削って綿抜いて入れてはいおしまいと、いつもと同じことをされました。
もう茶番はええんじゃ、さっさと歯ぁ治したらんかい、ワレ(河内弁)!大方半年は医者行っておんなじこと繰り返して、「歯が治まってきた・左側で噛んでみた・イタタタ」って、全然前にすすまんやないかー!今現在何も噛まなくても痛いってどういうことー!
そんなわけで明日は違う歯医者に行ってきます。両方の歯で早くスルメが食べたいです。

 

新調昔話第503話<2004年1月23日>
歯医者に行ってきました。う、2700円の出費でした。
実は今度の歯医者さんは小・中学時代の歯科検診でお世話になった人で、寺坂も何度か歯を治療してもらいました。若いころの高田純二に似てます。何年も見ないうちに白髪が混じっていたのには、時の流れを感じました。
あのころは、もう、幼かったなあ。声が大きいが為に待合室まで泣き声が筒抜けだったりしました。うっわあ恥ずかしい。
「うーん、こら治さなあかん、治したらなぁ!」と、行ってくれたのが心強いです。

 

新調昔話第504話<2004年1月24日>
バイトしていたら「日本ブレイク工業」の社歌が流れてしまい、以降、頭の中で
「日本ブレイク工業 ダイヤモンドカッター Da Da Da
日本ブレイク工業 コンプレッサー大地に響け!!
家を壊すぜ! 橋を壊すぜ! ビルを壊すぜ! 東へ西へ
走る! 走る! 日本ブレイク工業〜」が流れっぱなしで耐えられませんでした。曲は選んでかけようよ有線!

 

新調昔話第505話<2004年1月25日>
ミグラの為に鐘は鳴る

小学生のころ熱中して遊んでいたゲームがしたくて、中古店を探し回ってもなくて、オークションとか覗いてもなくてがっくりしていたのですが、親戚が持っていたことを思い出しました(元をたどれば、持っているのを見て私も買ったんだった)。
以下、その持ち主のイトコえっちゃんとのメール内容。
「どうもこんにちは、ミグラ(仮)です。母からメルアド聞いてメールしております。ちょっとゲームの話がしたいんですがいいですか?」
「私でよければいいよん♪」
「どうもありがとう、早速話なんですけどゲームボーイのソフトで「カエルの為に鐘は鳴る」ってまだ持ってますか?どうしても遊びたいのに見つからなくて・・・。」
「あるよ〜
説明書と箱はないけどね★」
マジで!!良かったら貸してくれん!?なんでしたら買い取りますよ」
「いいよん
もうしないから、あげるよ。」
よっしゃー!えっちゃんありがとーっ。
そんなわけで今から車飛ばしてきます。
後日談・片道一時間かかりました。

 

新調昔話第506話<2004年1月26日>
バイトいったらカワサキさんが葬式のため休みで、抜き打ち9時間労働をしてきました。2時・3時はまだ余裕で鼻歌も出ていたのですが4時・5時になると顔が必死の形相で、足腰がギシギシ言い出して、すっかり体力なくなりました。
ああ、強い体になりたい。

 

新調昔話第507話<2004年1月27日>
あああぁ。昨日は夜にパソコンを触らず、早く布団の中に入ったというのにまだ体が痛いです。
仕事の内容もいつもと同じはずなのになぁ・・・。明日が定休日なのが幸いです。ゆっくりします。

 

新調昔話第508話<2004年1月28日>
実は昨日、HP更新したあと、弟りょうくんに「お姉ちゃん、僕明日から修学旅行で飛行機とかの中で本読みたいから本屋連れてって」といわれ、車飛ばして行ってきました。
でもって今日、りょうくんは
北海道へと飛んでいます。
スキー旅行とはうらやましい。私は5月に
北海道へ行ったため、あまり名物らしきものが見られませんでした。溶けかけの汚い雪を見ても・・・ねえ・・・。
話変わって、どうしてもお土産に「とうもろこしのパフチョコ」が欲しいので、こっそりかばんの中にメモを忍ばせました。
ついでにトランプの中に「快てきな空の旅を」「海に幸あれ」「お姉ちゃんは姐です」という殴り書きのメモも入れたのですが、果たして私はりょうくんに怒られるでしょうか。

 

新調昔話第509話<2004年1月29日>
「牛といい鳥といい、どれだけ肉屋いじめたら気がすむんや」と、バイト先でおじさんが漏らしていました。何だか、泣けた。
でも食べる人は今も食べてるわけで、どうか、食べ続けてください。実際問題やっぱりお肉は美味しいしね。

 

新調昔話第510話<2004年1月30日>
弟一人いないだけで食卓風景が変わりました。いずれこれが毎日になるのかなぁ。
何回か今までに日記にも書きましたが我が家は、いまだに6時から家族そろって夕ご飯を迎えております。これは昔からの習慣です。変ともなんとも思わないのでありますが、知人友人に「6時に食べるのはおかしい」「家族全員そろうのはおかしい」といわれました。うーむむむ、そうなのか。

 

新調昔話第511話<2004年1月31日>
歯医者に行ってまた、治療中の歯に薬詰めて綿で栓をしてもらっているのですが、あろうことか薬がしみこんでいます。常にしみこんでいます。ゆえに何を食べても薬の味がプラスされています。
く、口の中が病院のにおいですよ。

 

新調昔話第512話<2004年2月1日>
母とモーニング行ったり、買い物をしてきました。手のひらサイズのミニパンが食べ放題でして、今日はかぼちゃのパンを4つ食べました。あまりかぼちゃの味がしないけれど、美味しかったです。

 

新調昔話第513話<2004年2月2日>
笑わせたり泣かせることができる人は、本当にすごいと思う。もちろんそればかりか興奮させたり、時と場合によっては怒らせるような人もすごい。
他の方のサイトが、本当に魅力的で見るのが病み付きになっています。更新が遅くとも、そのテンションが止まることがないなんて、その元は何なんだろう、何がその人を動かしているのだろう。そして私は何がしたいんだろう。
うーむむ。来た人がまた覗きたくなるようなサイトになりたい。覗き方が障子に穴あけてひっそり息を殺して見守るような。

 

新調昔話第514話<2004年2月3日>
さあ、もうすぐ歯医者に行かなきゃあと思っていた矢先、北海道の旅行先で弟が買ったかにの宅配が届きました。汚いことに着払い。
私の治療費が根こそぎ持っていかれてしまいました。号泣です。私はカニ食べんのにー!仕方ないので配達のおじさんに支払いました。コンチクショー!
おまけ。
「印鑑お願いします。ああ、サインでもいいです。そしたら、上のが領収書で下のが伝票になります、奥さんおおきに!」
「!」
は、私、初めて奥さんって言われた・・・っ!

 

新調昔話第515話<2004年2月4日>
ポップコーンが大好きです。物心ついたころから常に食べている気がします。マーケットに行っては新作・変り種の味がないかチェックしております。某メーカーのしょうゆバター味は最悪だと思います。やっぱり塩バターでなくっちゃ。

 

新調昔話第516話<2004年2月5日>
「♪雨降りでも気にしない 遅れてても気にしない」
と、突然弟のりょうくん(どうでもいいんですがいい加減、敬称つけるのが邪魔くさくなってきた)が歌いだしたのでびっくりしました。
奥田民生の「マシマロ」の一小節なのですが、弟とは2、3回も聞いていないような気がするのに、何故歌えるんだろう。やはり耳に残るリズムとフレーズの歌だからか・・・。挙句の果てにこの歌、マシマロ関係ないからな・・・。

 

新調昔話第517話<2004年2月6日>
おおたか静流の「水の恋唄」を聞いています。君は行く花一途。
くあぁ、すごい。引き寄せられる感じがたまりません。結構前に出た歌のようですが、歌は歳月選ばず。いつ聞いてもいい曲はいい曲です。
アルバムのブックレットに「滅びの声・幻の歌」というコピーがあったのですが、これも素敵でした。こういう声で歌えたらさぞ素敵だろうなあ。

 

新調昔話第518話<2004年2月7日>
ゲームしたり漫画描いたり小説書いたりしたいのですが、一日の6割ほどがパソコン触っているので、自粛せねばと思います。パソコンは、敵・・・!

←戻る

手間のかかるたどり着き方ですみません・・・。