新調昔話
←戻る

新調昔話第103話<2002年11月25日>
好きなことをやってるのに疲れる人の気が知れないわ。そう豪語している寺坂も、昨日のツケが回って気だるいです。困ったな。
好きなことしてても疲れるって言うことを認めたほうがいいんでしょうか。

 

新調昔話第104話<2002年11月26日>
テレビで嶽本野ばら氏を見ました。おお!ロリータの格好しても違和感がない!あの人こそ真のロリータだ!よく知らんが!
深夜番組「爆笑問題のススメ」を初めて見ました。ゲストが毎回作家だとすると、寺坂最愛の金城一紀先生は出演したことがあるんでしょうか!
ねえ!誰か見てた人教えてくださいよ!

 

新調昔話第105話<2002年11月27日>
高校卒業して以来、全く運動をしていない。
運動の必要性が問われる中、少しでもいいから体操をすることにしました。
ええ、「ピタゴラスイッチ(NHKの教育番組)」のアルゴリズム体操をテレビの前でします。この番組はシュールで凄く好きです。ピタとゴラが可愛いし、ひゃっかおじさんがドン・ガバチョ声だし、テレビのジョン変だし!フレーミーも変だし!でも可愛い。何してるのおじさん本当に訳分からないし!
教育番組を侮る事なかれ。

 

新調昔話第106話<2002年11月28日>
ガンダムとロボットとゲームが好きな弟、りょうくんの待ちに待った日がやってきました。今日はPS2の「Gジェネレーション・ネオ」の発売日。
高校生のりょうくんに代わってお姉やんが買いに行ってきました。
ようもまあ、6080円もの大金を使うなぁ。凄いなあ。この日のためにわざわざ貯金してたんですよ。
財布からお金取り出したら折れた5千円と500円玉二枚と他じゃら銭がありました。何かこれ見たら涙ぐみそうになりました。
私もお金をちゃんとためて、そして使わなくては。
そんなことを思いながら、車の運転中ケンドーコバヤシバージョンの「木綿のハンカチーフ」を歌いました。

 

新調昔話第107話<2002年11月29日>
バイト先で私が最も好きな人、人妻のオカモトさん。
えー、オカモトさんがとうとうバイトを辞めることになりました(懐妊されたので。しかも初産らしい)。
んもう、目の前真っ暗で頭の中は真っ白でなぁ。ほんまにつらいわぁ。
毎日がバイト生活できついって言うのはこの際どうでもいい、ただ、オカモトさんに会えないのが非常に悲しい。
一人マラケシュ心中(文学酩酊日誌参照)状態だ。

 

新調昔話第108話<2002年11月30日>
昼の三時から夜の9時までバイトしました。も、もう駄目、足腰立ちません。
明日は無理やり取った休日なのでゆっくり休もうと思っています。が、ほら、日曜日って言うとハリケンジャー(むしろ池田秀一声)のために7時半にゃあ起きていないとのう!そして「み的もえ」と称したビデオに収めなくては!
因みにこの、ビデオ「み的もえ」は寺坂単品が興奮するビデオです。

 

新調昔話第109話<2002年12月1日>
くたばれクリスマス編

12月に突入〜。
バイト先でクリスマスケーキを一人5個売らなくてはいけないというノルマがあるので、全く嬉しくありません!
5個売れんかったらわしの給料で買い取りせにゃあなりません!
なんで嫌いな生クリームたっぷりのケーキを、しかもわしの金で買わにゃあならんのじゃあ!
頼むよー、誰かケーキ買ってくれよー。私を助けてくれよー(正直)

 

新調昔話第110話<2002年12月2日>
このところ、サイトに来てくれる人が増えました。ありがとうございます。
土日は多いのですね・・・。
毎日パソコンいじってるんで、いつでも来てやってくださいね。待ってます。

 

新調昔話第111話<2002年12月3日>
おねえやん頑張る、のまき。

新しく電話を買い換えました。で、昨日の夜からこの日記を書くまで寺坂みぐらは怒り泣きをしていました。
親父がネットに接続をしてくれんかったのです。
私は早くネットがしたかったので怒りに怒って自力でプロバイダだの、いろんなことを試みました、が!
どうしても分からないの!ねえ!アナログポート?何やねんな!おうこら!何が「初めてでも簡単・安心☆」だよ!ふざけるなよ!
錯乱する私の後ろで親父はテツandトモの「何でだろ〜♪」を歌いだすしまつ。これがブチ切れしないでいられるだろうか!ねえ!
結局、私ひとりで接続の設定をしました。
とりあえず、私の功績を忘れさせないためダイヤルアップの名前を「OCN(姉が頑張りました)」と登録。ざまあみやがれ!

 

新調昔話第112話<2002年12月4日>

映画のGOが、今日地上波で放映されるらしい。
01年の12月1日にわざわざ映画館で見に行ったのですが、でも見たいな。わくわくしながら新聞広げたら、うちの地域からは見られないテレビ局でやんの。
待った!
何でフジテレビでしないんだよ!MBSとかABCとか!よりにもよって何でテレビ大阪なんだよ(関西ローカルな局の呼び方で失礼)!
ひどいよ。映画の内容は一回見たし、原作先に読んだからいいとしましょう。問題は著者の金城一紀先生がチラッとでも番組の前後に出るかということです。
金城先生の声が聴いてみてえんだよう!
でもって、レヴォリューションNO3の映画化は・・・?

 

新調昔話第113話<2002年12月5日>

死活問題である。バイトを辞めたくなった。
もう私の大好きなオカモトさん(人妻、妊娠中)もいないし、菓子パンつまみ食いするのももう飽きてしまった。もはや何の未練もなし。
バイト辞めたいのはいいが、それでも私は働かねばならない。アルバイト辞めたら私はただの人なのだもの。学生ではないのだもの。
ということは身分のためにはたらかにゃあならんのか。

 

新調昔話第114話<2002年12月6日>

一回かぜひいたのでもう大丈夫やろと思った矢先、のどが痛くなりました。これは・・・ひょっとすると風邪を引きかけかもしれない。ヤバイ。
温くするに限るということで、今日は上半身にTシャツ(半袖・長袖の2枚)と、もう一枚セーターみたいなのを着用。バイトに行くまでは半てんも着てます。傍から見るとただの暑苦しいだけですが、温いや。幸せやなあ。

 

新調昔話第115話<2002年12月7日>

明日バイト行くと二日休み(のはず)です。ああ、嬉しい。
バイト辞めたい辞めたいと思っているのですが、もはやどうでもよくなりつつあります。お金は稼いでナンボなんですよ・・・。

 

新調昔話第116話<2002年12月8日>
昨日までの自分にオトシマエをつける編

最近人様の日記を読むのですが、どうも不快になることが多い。
ここにその感想を書いたら、わざわざここに来てくれた人が不快になってしまうので、割愛します。よく考えたら私のバイト生活の話も人が読んだら不快になることばっかりだ。いかん、気をつけねば。
何千とあるサイトから当サイトにたどり着くとは、あなた本当に目が高い。
私はがんばる。
それではまた明日。

 

新調昔話第117話<2002年12月9日>

関東では初雪だそうで。こっち(西)はまだなのかな?
水不足の警告が出されているので、早く雨か雪が降って欲しいです。
ここで一句。「いつまでも あると思うな 金と水」・・・お粗末。

 

新調昔話第118話<2002年12月10日>
続・先生、デートを致しましょう

昨日、HP更新したあとに太田垣先生から展覧会の案内が来ました。
早速、本日行ってきました。バス降りたらちょうどそこに先生がいたのでびっくりしました。めちゃくちゃ嬉しかったです・・・。
展覧会のあと、またお茶させてもらったのですがその会話の中で私が今度彼氏と大阪に行くという話をしました。この話はしないほうがよかったのかな・・・でも話題なかったしな・・・。その勢いで、先生も好きですとか、言っちゃいそうでした。結局言いませんでしたがね。
先生、ひっそりと好きでいさせてください。ずっと片思いでいさせてください。
それで私は満足です。

 

新調昔話第119話<2002年12月11日>
学校卒業してからNHKばかり見ている気がする。特に午前中は・・・。
今頃小学三年生の理科に強くなってどうするよー!って感じですが。でも面白いですね。空でOPが歌えてしまうよ・・・。
♪びっくりわくわくびくりかー。
そもそも最近のマスコミは暗いニュースだらけで面白くない。面白くして欲しいわけではないけれど。

 

新調昔話第120話<2002年12月12日>
小生意気な片思いの美学編

最も永く続く愛は、報われぬ愛である。
これを言ったのはサマセット・モームだっけか・・・。
「報われない」のは片思いか。片思いは所詮独りよがりだ。
その独りよがりの中で、私は、先生のことが過去形ではなく、現在進行形で。好きです。こんなところで言うことじゃないだろうけれど。
このお話はまた今度。以上、今日の恋愛論でした。

 

新調昔話第121話<2002年12月13日>
「やからお母さんに言うたらろくなことないんじゃ!」
今朝、自分のこの台詞で目が覚めました。どんな夢見てたのかも分からないよ・・・。

 

新調昔話第122話<2002年12月14日>
図書館に行く。行くったらいくのだ。ええい行かんかっ!
あかん、空気が肌に突き刺さって外に出られない。うううぅ。
25日から27日まで大阪に旅行するので、そのためにもるるぶを借りなくてはならないのです(買えよう!)。旅行が楽しみです。
MBSに行って、ちちんぷいぷいのキャラクターグッズ(特にカレンダー)を買ってきます。♪ぷいぷい

 

新調昔話第123話<2002年12月15日>
昼から、るーさんに会いに行ってきました。
目的は借りていたパソゲーの交換です。
その際、ロッテリアでいろいろお話を聞かせていただきました。楽しかった。人と喋るってやっぱりいいことですね。

 

新調昔話第124話<2002年12月16日>
怒りのグルーヴ編

ましな製品作らんかいや東芝!グレードアップさせんかボケダラ!ワレ、何をさらしのフンドシじゃい、こ−らー!何回言うたらわかるんどいや!
一時ファイルが何かしらんが消えたのである。そんなわけで今までオフラインで使用していたページ全部真っ白け、またいちいちネットにつないで使えるようにしなきゃならないでやんの。
なめとんのかー!お前ついこの前も起こったばっかりやろがい!
何でこんな目にあわにゃあならんのじゃ!ふざけんなー!わしのネット接続代を返せ!お前が負担せえ!
筆舌しがたい怒りを、サポートの電話を切ってからぶつけた次第である。
自分のサイトのページも真っ白だ。畜生、また一からサイト巡りだよ!

 

新調昔話第125話<2002年12月17日>
実は昨日、ネットの事件のあと、イヤホンがいかれてしまいました。
買った当初からキャップって言うの?あれがカポカポ外れてて、そのたびにきゅうって締めてたんだけど、そのキャップが床に落ちて、どこかへ行ってしまったのです。限界が来てしまいました。もちろん私の。
ええもん作れやSONY!PS2で浮かれてんじゃねえよ!

 

新調昔話第126話<2002年12月18日>
弱り目にたたり目、泣きっ面に蜂。ああっ。頭も心も混乱中です。
プラス思考で物を考えてみましょう。
これだけついていないのだ、多分この先何かいいことが起こるに違いない。
イベントで出会いがあるとか宝くじ当たるとか。運のよさは神様に貸し付けたのだ。しからば利息つけて返してもらわにゃあのう!
金利はトイチどすえ!

 

新調昔話第127話<2002年12月19日>
明日カラオケに行ってきます。 因みに行くのは今年の8月以来です。
「木綿のハンカチーフ(ケンコババージョンではない方)」と「そんなヒロシに騙されて」を歌うと思います。それと「日本むかしばなし」のOP!
Mさんよろしくねーっ。

 

新調昔話第128話<2002年12月20日>
カラオケで初めて5時間歌いました。喉痛いーっ。
一緒に行ってくれたMさん本当にどうもありがとう。あなたの歌う「バンビーナ」と「アゲハ蝶」が大好きです。私の歌う天城越えはいかがでしたか・・・。
それにしても、ちゃんと一曲歌えるようになりたいです・・・。でも楽しかった。

 

新調昔話第129話<2002年12月21日>
♪雨は冷たいけど〜濡れていたいの〜。
ああ喉痛い。本日、バイトが朝の9時から3時まででしてね・・・。もうイヤんなっちゃいました・・・。
寒いです。また風邪を引いてしまいそうです。明日のイベントのためにもう寝ます。それではまた明日。

 

新調昔話第130話<2002年12月22日>
自分可愛さに休みました。一度風邪ひいて、怖い目にあったので二の舞をしたくなかったのです。いい訳ですか。そうですかそうですか。
仮に、寺坂のスペースに来てくれていた方、すみませんでした。
「何で来てないの!楽しみにしてたのにぃィィ」と言われる身分になりたいモンです。

 

新調昔話第131話<2002年12月23日>
ニッポンが都道府県を廃止して『州』にしようとしているらしいです。
あほか。
そんなに外国かぶれになりたいのか?今のままでええじゃないか。
何故そういうことに力を入れようとするのだ。

 

新調昔話第132話<2002年12月24日>
メリークリスマス。
12月1日の日記で言っていました「ケーキのノルマ」がクリアできましてね・・・嬉しいクリスマスとなりました。
しかし、私にとっちゃ24日は別に何の意味もない日であります。
むしろ25日から27日までの大阪旅行が楽しみです。はい。

 

新調昔話第133話<2002年12月25日>
大阪に2泊3日の旅行をしてきます。しかし24日、朝から頭痛がひどくてね・・・。弟のりょうくんも頭痛で、なおかつ39度近い高熱を出していて、インフルエンザの気がありましてね・・・。わし、伝染ってるような気が・・・。

 

新調昔話第134話<2002年12月27日>
大阪はええとこでっせ。

大阪旅行は、初日から体調を崩しての出発で、なおかつ北風寒いわ雨が降るは雪も降るわで、てんやわんやでありましたが、よかったです。
MBSに行ったのですが、ぷいぷいカレンダー売り切れていたのが悲しくもあります。何でか道頓堀で昼食先を探しているとき、レポーターにインタビューされました。何だったのだあれは・・・。
旅が終われば、ボロアパート風ホテルでさえもがいとおしいです。最初は怖かったのですが・・・最終日にはもう、そこにずっと住んでいる錯覚さえ起こしました。
一緒に行ってくれた同行者に心から感謝します。
今度はあったかい季節にリベンジしましょう。

 

新調昔話第135話<2002年12月28日>
幸福な喪失感とその代償編

大阪から帰ってきて一日目。ひたすらさびしゅうございます。
理由はただ一つ。大阪の街が恋しいのではなく、自分の隣に3日いてくれた人がいないから、です。
本日、快楽天の発売日なので車飛ばして本屋に行ったのですがその運転中でさえ寂しかった。
相変わらずケンコババージョンの「木綿のハンカチーフ」を唄ったのに寂しい。ホテルの風呂場で歌った日が懐かしい。

 

新調昔話第136話<2002年12月29日>
M−1みました。ああ・・・。
感想をまとめると「立川談志は帰れ!帰れったら帰れ!笑い飯面白かったですね。ああ、ハリガネ・・・」というところですわ・・・。
ああ、あとフットボールアワーの漫才は楽しくてよかったな〜。
とりあえず来年を心待ちにします。うう、ハリガネ・・・。

 

新調昔話第137話<2002年12月30日>
お願いですカキモト先輩、黙ってバイト代わってくださいの巻

シフトを見たら1月の1・2日と入ってるんですよー!
城崎にカニ食いに行くんだよー!
というわけで頼み込んで、明日31日のバイトと変わってもらいました。カキモト先輩ホンマにありがとう。
そう、父母弟がカニ喰いにいくんよね。
・・・は?私?
誰があんなモン喰うかー!わしゃカニ大嫌いじゃー!
歯に引っかかるあの身もにおいも嫌いじゃー!
すみません、1・2日の休みは私のわがままです。

 

新調昔話第138話<2002年12月31日>
ありがとう2002年。ありがとう。学校卒業して嫌な人とはさっぱり縁切れたし、いい人と出会えたし、いうことはもうありません。私は幸せモンですわ。
今年はええ年やった。

←戻る

手間のかかるたどり着き方ですみません・・・。