新調昔話
←戻る

新調昔話第211話<2003年3月17日>
3月といえば年度末。
ああ・・・NHKの教育番組がほとんど最終回になるので悲しい限りです。というか、一年間ちゃんと再放送までチェックしていた自分が我ながら、なんなんだか。とりあえずピタゴラスイッチはまだ次も続くので楽しみ。
3月4月は物事の終わり・始まりが多くて困ります。5月病にもなりたくもなるよ・・・。安穏に移り変わりなく時は進まんのか。

 

新調昔話第212話<2003年3月18日>
バイトの面接、どうやら受かりました。店のパンをつまみ食いしているときに店長直々に「君、受かったから」といわれて心臓止まるかと思った・・・。
しかしまあ、このおかげで3月末から4月いっぱいは働きづめになりそうです。うう、大丈夫かな〜・・・。

 

新調昔話第213話<2003年3月19日>
ううう。頭が痛い、痛いいい。
最近、深夜番組を見ているといつの間にか眠っていて、あわてて飛び起きてベッドに入る日々を送っています。それゆえか頭が非常に痛いです・・・。睡眠不足ってイヤやねえ。AB型さんの弱点は睡眠不足らしいですしねえ。今日こそ早く寝よう。

 

新調昔話第214話<2003年3月20日>
アトピーが尾を引いている。それゆえに春と秋は体が乾燥してつらいつらい。痒い痒い。どちらかというと春の方がひどい。
おお、変な韻を踏んでしまった。最近踏んだり蹴ったりだわ。

 

新調昔話第215話<2003年3月21日>
悪夢再び

一時、この日記で言っていた「例の男」が、またバイト先に来るようになりました。はっきり言って激怒。顔見るだけで腹が立つ。どの面さげてきとるんじゃい!お前の顔見るだけでこっちゃあイライラするんじゃあ!
両親に助けを求めても「また?」みたいな感じで全然助けてくれんのです。今日で私のバイトが最後なので、恥も外聞もあるか、心の平穏のためにけりつけてやりたい所です。

 

新調昔話第216話<2003年3月22日>
明日、神戸に出かけます。
立ち食いうどん食べて、とらのあな行ってメロンブックス行って、ついでにパソゲー店に行って例の「スーツを脱いだあと・・・」を探してこよう。うーん、見つかるかな。

 

新調昔話第217話<2003年3月23日>
とらのあなで某同人誌を買ったら店員に「これ、成年向けなんです」といわれ「成年なんです」と即答した一日でした。今年で20歳しっとるけのけー。
一緒に行った合原先輩に「いくつに見えますか私」と尋ねたら「ぶっちゃけ高校生やね」と返答されました・・・。ああ、歳相応に見られたい。

 

新調昔話第218話<2003年3月24日>
カラオケに行ってきました。
ヘッドドレスをつけてMさんを迎えに行ったのですが、玄関あけてまず後ろに下がられてしまいました。ごめん。私もちょっと嶽本野ばら言うところの「乙女」になってみたかったんだYO!
ゴスロリと言うか・・・まあ・・・フリフリのレースだらけのロリータな服が着てみたいのですよ・・・。せ、せめて試着だけでも・・・。

 

新調昔話第219話<2003年3月25日>
戦争反対についてとやかく日記で述べている方へ。
反対している自分を格好よく見せようと思ってませんか。「んもう戦争は駄目なのっ!何だか知らないけど駄目なのっ!人がいっぱい死んじゃうから駄目なのっ!」もしくは「どうして戦争するんでしょう。何で殺し合いをするんでしょう、私には分かりません」といえるのはせいぜい小学生まででしょう。
そういう誰もが言えそうな戦争反対論を読むと嫌気がします。
早い話が、みんな死ねばいいんだよ。理想はあの世で探しなよ。
人の足を引っ張るな。馬鹿野郎。テレビが見たいのに戦争中継だらけで、私にとっちゃそっちの方が腹立たしゅうございます。

 

新調昔話第220話<2003年3月26日>
ココ最近朝の7時になると何だかよくわからん音楽が町に鳴り響くようになりました。おかげで軽い睡眠不足になりつつあります。困ったもんだ。
大体音楽鳴らして何があるというのだ。朝になるのは目覚まし時計だけで十分だろう。
平日だけならまだしも、土日も鳴るのはいかがなもんか。町の奥様は怒っているぞ!

 

新調昔話第221話<2003年3月27日>
高校野球が始まると、これまた見たいテレビが見られなくなる。ただでさえ戦争中継でたくさんだというのに、ふんとにもう。
昔は・・・中3〜高1ぐらいまでは野球少年の彼女になるのが夢でしたが、今は先生の女になるのが夢なので、野球というものの存在すべてに関心がありません。頼むからテレビ見せてつかあさい。
あ、でも清原番長は別枠で好きですのであしからず。

 

新調昔話第222話<2003年3月28日>
短気は非常に損であります。
イライラしてそれのせいで歯ぎしりでもしようもんなら大変なんであります。腹が立つとギリギリ歯をすり合わせてしまう癖があり、ようやく治まってきたと思ったら復活してしまいました。めっちゃ腹が立つ。
言いたいことメールでぶつけられて、どう耐えればいいんですかねえ。勝手に開封しちゃうんだよおいらのメール機能はーっ!
何に腹が立つかとは、プライベートなことなのでココでは言いませんが・・・。とかいいつつ、うちのサイト(の日記)って、結構あけすけに語ってるなぁ。
因みに「手の内さらして頭待ち」は私の麻雀の打ち方です。

 

新調昔話第223話<2003年3月29日>
朔ちゃんの家にお邪魔してホモ関連のもの(先生受)を借りてきました。
「え?先生受け?先生同士がいい?先生と生徒?医者がいい?漫画のほうがいい?あ、これ家庭教師やわ」といいながらごそごそ探してくれて大感謝です。さすが宝庫。
ついでに、私が夏目漱石の「こころ」を貸したので読んではまってくれたらええなーとひそかに思っています。願わくば私×先生と私×奥さんと私×お嬢さん(私攻ばっかりか)。
因みにただいま彼女の家でネット接続をしているので、近日中にネット生活始めるんだろうなあと思います。そういえば私もいつの間にかネット生活1年目。
でもって朔ちゃんちのパソコンはXPのように一人一人アカウントを持つやつでない上、リビングにおいているデスクトップ型パソコンなのであまり触れそうもない、との事ですが・・・。後ろには気をつけにゃあならんからなぁ・・・。
朔ちゃーん。これ見てたらごめんなー。この日記は無断で寺坂が執筆しています。内緒。シッ。

 

新調昔話第224話<2003年3月30日>
フリーマーケットに行ってきました。
画材が売ってたので大収穫ですね。しかしまあ・・・同人便箋を袋詰めして売っているのはどうかと・・・。
一緒に行ったいとこのさっちゃん・えっちゃん宅でもネット生活始めたらしいので、ひょっとしたらこのサイトに来る可能性が・・・なきにしもあらず・・・。教えない限り大丈夫だとは思いますが。

 

新調昔話第225話<2003年3月31日>
バイトの研修に行ってきました。
パンを売るだけだと思っていたら今度は製造もしなければならず、パンをこねるだけで一苦労しました。か・・・肩が痛い、痛いィー!
新しく始まるパン屋の仕事は厳しいようで、5月の連休を休めるかどうかも不安です。というか初日でもう辞めたくなりました。
性根が腐ったな、おいら。

 

新調昔話第226話<2003年4月1日>
頭が痛いのです。
またですよ・・・。HPの日記に何度この話を書いているんでしょうねえ。
昨日の夜から視界がチカチカしたりして、こうなるのは予感してました。慢性的な何かの病気にかかってるのか・・・?

 

新調昔話第227話<2003年4月2日>
バイト辞めたい。真剣に辞めたい。早く辞めたい。
私はパン作る人になりたいんじゃない!このままではパンつくりの女になってしまう!パン作りのせいで肩壊してたまるか!このところずっとパンの下地を作ってばっかりなんですよ!
もはや一刻の猶予なし、次のバイト先考える前にまず辞めなきゃだわあ!にもかかわらず明日もまた研修に出てずっとパンこねて肩痛めるんだろうなあと思います。いっ・・・嫌や・・・。早く風穴を開けなくては・・・!
おっちゃん、ぼくこういうの知ってんで。メビウスの輪って言うんや。

 

新調昔話第228話<2003年4月3日>
た、助けてー・・・。あ、頭が、頭が痛い痛いイタイイィィ。
やっぱり新しいバイトの方針が性にあっていないのです。そうとしか思えない。昨日は10時に寝たっちゅうのに。
ホンマに、もうバイト辞めよう。このままではパン屋に殺されてしまう。
金稼ぎは大切だけど、死んで花実が咲くものか。

 

新調昔話第229話<2003年4月4日>
雨の中の運転ももう慣れたもんです。あと20日で私は初心者マークをはがすのですよ。
今日はサヤさんのお宅にお邪魔しました。同人誌のゲストに呼ばれたので、資料持ってないから彼女宅で直で原稿描いて仕上げようとしたのですが、雑談に花が咲いて結局何もせずです。というかまた修羅場に拉致されるらしいです、私。
サヤさーん。プリンセスチュチュの資料くださーい。

 

新調昔話第230話<2003年4月5日>
バイトを辞める連絡をしたのですが、店長不在のため「保留」ということになりました。あらまああらさてサントリー。
でも研修には行かなくていいということになったので、8割がた辞められると思います。ああ、すっきり!

 

新調昔話第231話<2003年4月6日>
「モンスターズ・インク(言わずもがな吹き替え版)」を見ました。
前々から気になっていたのと、雑誌「日経エンターテイメント」で松本人志氏が10点満点で絶賛していたのと、家族で回転寿司に行ったのでついでにレンタル店へ行ったので。たかが一本借りるのに何でこんな理由が出てくるんだか。
話の内容はとにかく面白かった、につきます。最後の最後まで飽きさせず、面白いことしてくれるところはいいなあ。どんでん返しに弱いんですよ。NG集までも可愛い!
それにしても、これは外国のモンスターだからいいんであって、日本版を作ったら作画は水木しげる氏に決定なんでしょうね。
ああ、私もあっちの世界に行ってみたい。吹き替えの仕事がしたい。

 

新調昔話第232話<2003年4月7日>
NHKが変わった。
「日本語であそぼう」が要チェックと言うか、好きですね。何なんですかKONISHIKIの「コニちゃん」って!「コニちゃんことKONISHIKIたぁオレのことだ!」って!あんたァアア!
他にも、のむまん(のむらまんさく)が「かみなりごろごろ〜」と言っていたりおおたか静流が主題歌を歌っていたり、何だかキャストの豪華さに私はクラクラです。NHK教育番組を侮る事なかれ。マニアックな中に潜む豪華なものがあるんですよ。一つぐらいは。多分。

 

新調昔話第233話<2003年4月8日>
GWシーズンに今度は埼玉へ旅行します。静岡に行く予定だったのですが、埼玉に行きたくて変更になりました。映画みてプラネタリウム見て、平凡なデートがしたいのです。関東方面に行くのは、旅費が高いけれど心逸ります。
そんなわけで早く新幹線の切符を買わねばなりません。席取れるかな。
で、5月6日から二泊三日でうちの両親が旅行に行く予定だったのですが、いとこのみきちゃん(今年17歳)が結婚することになりました。式が5月ということで、両親は一泊二日の小旅行に。
それはさておき、結婚ねえ・・・。出来ちゃった婚かな。他人の事に口出すのはあれですが、何ヶ月続くんだろう。い、いや、嫉妬なんてしてませんよ。

 

新調昔話第234話<2003年4月9日>
新生活開始する方、おめでとう。新生活に縁のない方こんにちは。
私はまた振り出しに戻ったので・・・何としてでも金稼ぎをせにゃあ、と焦りだしました。
今年もらった太田垣先生の年賀状に「お仕事(パン屋さん)でいっぱい働いてお金を稼いでおくんですョ」と言うメッセージが書かれていて、なんとも申し訳ない気持ちでいっぱいなんです。
何よりも顔向けできません。
いやぁ、パン屋つぶれましてん、困ってまいますわぁなんていう言い訳をつきたくない。事実ですが・・・。

 

新調昔話第235話<2003年4月10日>
桜奇談

旦那さん、旦那さん。もう桜見られた?
妾は姫路城と桜と一緒に見たで。ちょっと風流じゃろ。実はまだ姫路城の中に入ったことないんじゃけど・・・。まあ、それはさておき。
桜は何で綺麗なんじゃろなぁ。花吹雪なんか見てみられえ、まるでどこかに誘われるみてえじゃ。妾は桜吹雪にまみれて死にてえわぁ。
せえにしても、どこに誘われるんじゃろか。
桃色の空の上じゃろか。いいや。やっぱり・・・土の下じゃろな。そして来年また狂ったように咲き乱れるんじゃな。
ところで旦那さん。妾は花吹雪が大好きなんよ。

 

新調昔話第236話<2003年4月11日>
ラジオドラマにはまっています。自分の大好きな大好きな金城一紀の「レヴォリューションNO3」がラジオドラマ化なんですよ!自分の情報チェックが甘かったせいで途中から聴いているのですが・・・。
キャストの名前を見ると、声優さんではなくどうやら俳優さんを使っているようですね。舜臣がホンマに石みたいな声で喋ってて嬉しいです。もはや舜臣の名前の前に「私の」をつけたいぐらい好きです。
個人的に言うなら、際弱のヒキを持つ例の山下くんは女の人だという思いがあったので、男の人の声で聞くと「ああ、山下くんもやっぱり男の子なんか」と思いました。まあ、男性が男キャラするのは当然と言えば当然のことなんですがね。このおかげでますます男子校高度がアップしてるわけですね。
なんでしょう、こう、髪の毛短くして男装してこの高校に入学してえなあ。
毎日毎日アギーの色気と舜臣の男臭さをむせるほど浴びたいなあ。

 

新調昔話第237話<2003年4月12日>
時間によりけりですが小腹減りました。お腹がすいて力が出ない・・・。
でもアンパンマンは嫌いなんだ。アンコが嫌いなのです。チョコあんやったら食べられるけどなー!ああ、うわわ、お腹すいた。いかん、お腹すいてるときにこの話しちゃあいかん。
要に何がいいたいかと言いますと、おやつ探してるのに見つからんだけなんですよ・・・。晩御飯はしっかり食べにゃあならん・・・。
でも働かざるもの食うべからずでテラオカ家ではとても肩身が狭いです。ああぁ〜つらいのう〜。

 

新調昔話第238話<2003年4月13日>
ただし、ロボットは正義の名の下に人を殺す。
瀬名秀明の「明日のロボット」を読んで、思わず怖くなった文章です。
本日、鉄腕アトムを見たのですが、ちょうど「アトムは心があって自分の意志で動くロボットだ!人間と同じ感情があるロボットなんだ!」と言っている場面があったので、つい思い出しました。
ロボット社会が発達して、人間と同じようなロボットが出来たら、どうなるんだろう。
人間とロボットの境目がなくなって、人間がロボットを好きになったらどうするの。逆も然り。私は激しくロボットに勝つ自信がない。

 

新調昔話第239話<2003年4月14日>
私の知るところの文献が正しければ、今日は高杉晋作の命日。
彼の死に際に妾のおうのさんはいたのでしょうか。私はいなかった説を推しているのですが、某氏の小説によるとちゃんと臨終の際に横にいたとかうんとか。
そもそも高杉が何をした人か今もはっきり知らなかったりします。高2のときに司馬遼太郎の「世に棲む日日」を読んで感銘を受けたのがきっかけでした。文庫で言うと4巻さえあればいい。私には十分です。
指名手配されてるっちゅうのに、おうのさんを連れまわして四国に逃亡すると言うその大胆さに惚れて「うわああ、私も引きずりまわされてエエエ」とひたすら思いました。よって彼のことを性的な目でしか見てなかったりします。
馬面はええよ、凄いええよ。好きじゃあ晋作。いまは天国で毎日、三味線片手に女口説いてはるのんやろか?

 

新調昔話第240話<2003年4月15日>
毎度ばかばかしい話を一つ。
某検索サイトで「なだいなだ」と「おっちょこちょ医」の二つで検索かけたら、うちが引っかかってしまいました。思わずびびってしまって、パソコンの前で頭抱えてしまいまして。いやはや、これでも小心者なんですよ。ビビリです。
しかもなだいなだ氏本人経営のサイトが見つかったわけで、平たく訳すとひょっとしたら万が一の確立でうちに来ることが無きにしも非ずで・・・。
・・・びびるんならやるなよって感じですか。てへへ・・・。
それにしても「寺坂みぐら」で検索すると一番目に出てくるのが、ちょっとゴタゴタのあったサイトなのでつい苦笑してしまいました。何でこのミガロポリスのページが一番に出ないのだろう?うむむ。

 

新調昔話第241話<2003年4月16日>
月曜日から図書館が本の整理かなんかのせいで閉まっているので、行くあてもなく家にいます。早く開いて図書館。
バイトも辞めて一日中家にいて、これではただの穀つぶしだ。
これはいかん。そう思い、掃除機かけたり洗濯物入れたりご飯を炊いています。これ以上のことはやっていません。
だめだこりゃ。このままでは一人暮らしはおろか結婚さえできんではないか。
図書館が開いたら家事手伝いの本を借りてこよう。

 

新調昔話第242話<2003年4月17日>
一人ドライブ中に、台詞叫んだりとか歌唄うやら前の車に「早ういかんかい!」とか「今のん行けとったやないけぇ!」とけちつけたり、人には見せられんことをやっています。
そもそも愛車(事故2回)の中で喋る現象の原因は、カーステレオがいかれて使えないが故です。人様の車に乗って、その人が歌謡曲かけて鼻歌交じりに運転しているのを見ると無性に羨ましい。
だったらカーステなおせばいいんですが、修理費がね。また、秋に車検が切れるらしいのでひょっとしたら、違う車になるかもしれないのですよ。それを思うと楽しみですわ。

 

新調昔話第243話<2003年4月18日>
ただいま町が断水中。喉が乾いても水が飲めないというのは、酷ですよ。
最も私は水でなく、牛乳を飲むのですが、飲んだあとに水を入れておかないと洗いにくくなるわけです。だから訳して結局は水がないと困る。
・・・三段論法ならってないからよくわからんね。

 

新調昔話第244話<2003年4月19日>
うちの弟が数日、必死にプログラミングした結果ゲームを作り上げました。
シンプルなゲームの裏には苦労があったことを知っているので、感想を一言言うとすごいな、としか。
えらいぞ、りょうくん。
君の夢が何なのかしらんが、君は長男だから黙ってても大学にいけるはずだ。そのまま頑張れよ。

 

新調昔話第245話<2003年4月20日>
イベント〜のあとに毎度三宮を歩いたので足腰ガクガクです。もともとスペースに居座らず歩き回っていたせいでもあるんですがNE!だって椅子に座ってんの暇なんだもんYO!しかし隣の方がすごい楽しくてステキな方で、楽しかったです。
明日の予定もないので、今日はゆっくり寝ますよ。いや、早く働かにゃあならんのですが・・・分かってるんですが・・・。

 

新調昔話第246話<2003年4月21日>
体力が落ちたもんだ。イベント終わりの日記を見るといつも疲れている。
でもって、案の定、今回も疲れている。困ったもんだ・・・。

 

新調昔話第247話<2003年4月22日>
ねえ!添付ファイルが開かないの!どうしても開けなきゃいけないの!なのにファイル名が灰色になっててお手上げなの!ヘルプみても何も書いてないの!
どないせえっちゅうんじゃあああ!
何がヘルプか!私を助けられないで何がヘルプか!馬鹿野郎!

 

新調昔話第248話<2003年4月23日>
今年高2の弟が髭剃りでひげをそっていることが判明。はっきり言ってびっくりだ!
そうか、りょうくんもいっちょ前の男になりつつあるんだな!もう君の前で着替えをしちゃいけないのだな!いや、もうここ数年そんなことしてないけどね。

←戻る

手間のかかるたどり着き方ですみません・・・。