大阪府  
 
 
   太秦付近(寝屋川市)  
 
 
  寝屋川市に「太秦(うずまさ)」という地名がある。太秦といえば映画村などがある京都市右京区のそれが有名で、渡来系の豪族・秦氏に由来する地名とされる。寝屋川市の太秦の由来は知らないが、この辺りで描いた絵を掲載する。  
 
 
   
  打上川治水緑地(寝屋川市太秦桜が丘)2018.05.26    F6  
  河内を描く美術の会のスケッチ会が寝屋川市の打上川治水緑地で開かれた。普段、民家と町並みばかり描いており、公園でスケッチするのは恐らく初体験ではないか。緑地は親水公園として整備されており、目の前には確かに綺麗な景色が広がっているのだが、いつもと勝手が違い表現に自信がない。皆さんと並んでとりあえず1枚仕上げた。  
 
 
   
  寝屋川公園「草の広場」(寝屋川市納屋川公園)2018.05.26    36×51㎝   
  河内を描く美術の会のスケッチ会は午後3時から合評会とのことで時間があるため、近くにあるもう一つの公園・寝屋川公園へ行ってみた。太秦地区から離れるが、こちらは陸上競技場や野球場などがある大阪府立のスポーツ公園で、その南地区に「草の広場」というエリアがある。最近整備されたようで、遠目に眺めて一度スケッチしたいと思っていた。土曜日とあってのんびり過ごす家族連れも多く、自転車に乗った小さな男の子がすぐ近くまでやって来て、いろいろ話かけてくれた。  
 
 
   
  太秦元町(寝屋川市)2018.05.26    F6  
  河内を描く美術の会スケッチ会で最初にスケッチした打上川治水緑地の南側に、長年の勘で、古い町並みがありそうな気がした。太秦元町という地区で、歩いてみると新しい住宅に交じっていかにも北河内らしい伝統的な民家も多い。合評会に間に合うように、適当な場所で妥協し、急いで描いた。近所の人が「こんなところでスケッチされるのは珍しいですね」と声を掛けてきた。  
 
 
  守口市・文禄堤へ  
  「近畿の旅2」(大阪、和歌山)の目次へ